Blog

カレンダー

<<  June 2016  >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:Jun, 2016

わたしのあなた

氏名: 明石 伸子
国籍: 日本
現職: 早稲田大学非常勤講師 (フランス語)
早稲田での所属と在籍年: 文学研究科博士課程 1994-2000年、2003年より非常勤講師


WiNという素晴らしい機関から、この記事の依頼をいただいてから、わたしは常日頃にない迷いを覚えていた。長いあいだ雑誌に連載の仕事をしていたので、原稿を書くことはむしろ得意といえる。しかし、そのテーマが、自分とフランス語、自分と早稲田大学、自分と留学と思うと、胸がつまってしまった。伝えたいことがあまりにもあり過ぎるからなのかもしれない。

そんなとき、わたしの胸のなかに、あの曲が浮かんできた。

       「もしも、あの日あなたに会わなければ、このわたしはどんな女の子になっていたでしょ?」
                                        ― 昭和のヒット曲、麻丘めぐみの「芽生え」より

わたしのあなたはフランス語だ。あの日というのが、どの日だったのかは、特定しにくい。とにかく、もしも自分がフランス語に出会わなければ、どんな女の子になっていたでしょ?と考えてみた。しかし、まったく想像できない。それくらいにわたしのすべてだ。

フランスは美しい!フランスはおいしい!フランスは面白い!とわたしはよく教室で力説する。

実をいうと、恥ずかしながら、それに気づくのが遅かった。なぜなら、いちばん最初に行った国がフランスだったので、それが初期設定になってしまい、感動的な美しさ、おいしさ、面白さをよく理解しない歳月がながれていた。だが、そのあと世界の25カ国を旅して、ハタと気づいた。自分は最高峰とつき合っているのだと。この3点については、フランスの底力を疑う余地がない。

フランス語はわたしに出会いをもたらしてくれた。親友はフランス語圏の人々だ。何でもいえる。同じ国の人間でないほうが、本当のことをいえる場合も多い。

留学は文学研究を目的として、まずナント大学の修士課程に1年間。ロータリー財団から奨学金をいただいた。そのあとに家庭的な事情により、ドイツに4年半ほど住むことになった。自分の専門はフランスだから、ドイツからフランスの大学に通った。博士課程前期だったので、論文を提出する以外に、授業は週2コマを受講すればよく、それらを同じ曜日に受講できた。だが、日帰り登校の片道は6時間であり、往復だと12時間。飛行機に乗れば、成田からパリに到着できる。6時に起き、ドイツを出発して、お昼の12時にフランスのリールに到着して、ふたコマの授業に出席し、夕方の6時に電車に乗り、夜中の12時にドイツに戻る。でも、それがまったく苦にならなかった。ドイツ → ベルギー → フランス。フランス → ベルギー → ドイツ。車窓の景色は変化し、乗り降りするヨーロッパ人も変わる。いつも興味深深の気持ちでながめていた。そうそう、いちばんの深刻な問題は、帰りの乗り継ぎ。列車がドーバー海峡を渡ってやってくる。嵐になると遅延するのである。ベルギーのゲントで待っていると、構内放送がフラマン語(オランダ語に近い)でまったくわからない。そんなときは、ホームにいるひとにフランス語で質問してみた。フランス語圏とフラマン語圏の対立は深いといわれるが、日本人のわたしに対して、フラマン語圏のベルギー人は優しかった。フランス語で、何が放送されているのか、親切に教えてくれた。

これらの文学研究のための修士課程および博士課程前期という学位取得より、ずっと印象的だったのが、外国語としてのフランス語の学士課程の集中講座だった。
 

①フランス語教員研修.jpg

外国語としてのフランス語教員研修のクラスメートと記念撮影2002年)

そのときは、フランス政府と日本の文部省に給費をいただいた。まだ、文部科学省ではない頃の話だ。1年分の勉強を1カ月の集中講座でこなせば、学士号を出してもらえるという。「やろうじゃないの!」と思ったのはよいのだが、月曜から土曜の8時半から6時まで授業は続き、2週間に4科目ずつ定期試験が行われる。フランス人でもつらすぎるカリキュラムだ。朝から晩までクラスメートのフランス人(ほとんどは小学校から高校までのフランス語教員。国外でフランス語教師の仕事をするために資格を得にきていた)と共に過ごす。朝食を食べる学食で合流し、午前中の授業を受け、一緒にお昼を食べ、午後の授業を受け、また一緒に夕食を学食で食べたあと、いったん部屋に戻るが、宵闇になって大学寮のカフェに行くと、クラスメートがテラスに座っていて、「ノブコは何が飲みたいの?」とワインをおごってくれた。日本文学について話し合った夜もあった。あるクラスメートはいった。ムラカミ・ハルキはフランスでとても人気だけど、ボクはムラカミ・リュウが好きだよ。ムラカミ・リュウがノーベル文学賞を取るのは確実だねと。忘れられない夜だ。このような修羅場であれば、週末は休むのが当然だが、わたしは誘いがある限り、部屋でゆっくりなどはしなかった。文学研究の授業は、始まるまえに集まり、終わったらさよなら。しかし、この学位は泊まり込みで、いわゆる同じ釜の飯を食うという体験。そうしているうち、みんながわたしに人生の悩みを打ち明けにきた。ダメ男の彼と縁を切りたい、父親がアルコール中毒、このまま一生をフランス国内だけで生きるのはイヤだ!などなど。そう、同じ国の人間にはいえなくても、違う国の人間にはいえることは、フランス人にもあるのだ。驚くべきことに、クラスメートは担当の教員たちを脅し始めた。「ぼくらは学位を絶対にもらいたい。でも、みんなでもらいたいんですよ!」と。つまり、ノブコにも学位を与えろ!といってくれているのであった。
 

③レティシアと横浜で.jpg

研修で出会ったレティシアが来日し、横浜で再会しました2013年)

②マリのパーティー.jpg

研修で出会ったマリのホーム・パーティーに招かれて (2015年)

そしてまた日本のフランス語教員としての学習指導を通じて行われ続けた受講生たちとの出会いは、これまでのすべてを合わせたら、いったい何千人になっているのだろう?

外国人学生との深い心の触れ合いも経験した。抜群に頭の回転が早かったパク君。留学生ではなく、韓国から自分の大学として早稲田へ正式入学したとのことだった。フランスと迷ったすえ、アジアと隣接するロシアへ留学することになった彼を見送るとき、ぜひとも日韓の架け橋になって欲しいと伝えた。「そうしたいと思います」と彼は答えてくれた。パク君なら、きっとやってくれるはずだ。信じて疑わない。未来がはっきりとわかることがある。中国から同じように早稲田大学へ正式入学したニンさん。いつもニコニコしていて、わたしが凡ミスをすると優しく指摘してくれた。教え子に助けてもらう。優秀な彼女の期末試験が100点だったとき、圧倒されてしまった。外国語(日本語)で習う外国語(フランス語)なのに、日本の大学のクラスでいちばんなんて。

言葉ができれば、心は国境を超えてつながる。

教師とは出会いのあとに別れる存在だ。4年前後たてば必ず離れていく。しかし、すばらしい教え子とのつながりは消えないと願いたい。彼らの青春の思い出のなかに、ひょっとしたら自分がいるかもしれない。ブログをしているので、社会人になっても、留学生活を終えて母国に帰っても、わたしのいまについて読んでくれているかもしれない。
 

④教員室.JPG

留学生の受講者も多いオープン教育センターでは"FESTIVAL"を使ってフランス語を学んでいます (教員室にて)

この充実した人生をもたらしてくれたフランス語へのオマージュとして、わたしはいま、飯田橋から徒歩2分のどこかに、フランス好きなひとたちが集まれる場所をつくっている。フランス文化に関心があるならば、都会の片隅に咲こうとしている小さな花を探してもらえたらと思う。

あの曲は最後にいう。もうあなたのそばを離れないわと。もちろん離れるものですか。わたしはいつまでもフランス語と一緒に。

   “Si je ne t’avais pas rencontré ce jour-la, quel genre de fille serais-je devenue?”
    (「もしも、あの日あなたに会わなければ、このわたしはどんな女の子になっていたでしょ?」)

看板イラスト.jpg

放課後になったら、みなさんとの再会あるいは出会いを願いつつ、アティピックで待っています!

 

Building the TOMODACHI Generation Programに参加して

氏名: 品川 達宏
国籍: 日本
早稲田での所属: 国際教養学部4年


私は、Building the TOMODACHI Generation Programに参加し、今年の2月の二週間をワシントンDCで過ごしました。以前の交換留学先もワシントンDCでしたので、今回は二回目の滞在となりました。しかし、留学とは違った形でワシントンでの滞在を満喫することができ、この滞在もまた私の記憶に強く残り、忘れられないものとなりました。

Building the TOMODACHI Generation Program(以下BTGプログラム)とはThe Washington Centerと日米研究インスティテュート(USJI)が開始したプログラムです。国内外を問わず活躍できるTOMODACHI世代* のリーダーを育成することを目的としています。この目的のもと、19名の日本人学生と15名のアメリカ人学生が参加し、リーダーシップ、異文化交流、社会問題に対する解決策などを学びました。
 

pix1(1).jpg

ジェファーソンメモリアルの前にて。後ろに小さくホワイトハウスが見えていますので探してみてください。
(筆者は後列右から6番目)


今回のプログラムで特に重要だったミッションは、「異なる個人個人が協力して物事に取り組むこと」でした。参加者は異なるバックグラウンドを持っています。出身大学も専攻も異なり、最終的には、文化背景が異なるアメリカ人と一緒にチームワークをして、プロジェクト提案までしなければいけませんでした。2週間という限られた時間で、私たちはどこまでこの課題に対処できるのか、試されていました。

学生たちだけで、このミッションを達成することは困難だったと思います。しかし、BTGプログラムには、これを達成するためのヒントが散りばめられていました。特に役に立ったのは、自分や他の参加者が持つ強みを発見しようというワークでした。このワークを通して、各人が持っている強みは全く異なり、その異なる強みは、チームワークだからこそ生かすことができるということを学びました。個人で作業をするときは、自分の弱みを自分で埋め合わせなければなりません。しかし、チームワークをするときは、お互いの強みで補完しあうことができます。各個人の強みを最大限に生かして、チームに貢献することが、チームワークを成功させるための一つの秘訣であることを学びました。
 

pix2.jpg

会議中の参加者達。このようにして議論を重ねていきました。議論中に、現地で活躍する方々から
アドバイスをもらう機会があり、非常に役に立ちました。


このプログラムのもう1つの重要なミッションは、「アメリカにおける市民社会の構造を理解すること」でした。このミッションの達成のために、現地で活躍する方から市民社会についてレクチャーを受けたり、様々な機関に足を運んだりしました。それらの機会を通して理解を深めるうちに、市民社会の取り組みにおいても、政府、非営利団体、営利企業など様々なアクターが、それぞれの強みを生かして、市民社会の発展に貢献していることがわかりました。つまり、私たちが学んだ、「自分の強みを最大限に生かす」ということは、チームプロジェクトにのみならず、市民社会の発展においても重要な役割を果たしていると言えます。
 

pix3.jpg

お話を聞いた後に、世界銀行の前にて。実はこのとき非常に寒く、撮影が終わり次第、みんな暖を求めて
バスに飛び乗りました。


各個人の異なる強みを最大限に生かすこと。この気づきを応用して、プログラムの集大成である、グループプレゼンテーションに取り組みました。東北復興のためのプラン構築をテーマとし、日本人とアメリカ人混合の5チームで競い合い、現地で活躍する方々が審査員となり勝敗が決められました。当初、私たちのチームは、なごやかに議論が進み、順調なように見えました。しかし、なかなかお互いに言いたいことがうまく伝わらないという壁にぶち当たります。この壁を突破するために、日本人同士で集まり、話し合いました。まず、英語力では劣るため、彼らのペースについていけないという根本的な問題がありました。そこで、私たちは伝えたいことを予め視覚化し、英語力に欠けていても伝わるようにしました。この努力は実り、アメリカ人たちにも伝えたいことを理解してもらえたようで、お互いにより有意義な意見交換をすることができるようになりました。残念ながら、私たちのチームは勝つことができませんでした。しかし、文化的違いを乗り越えアメリカ人と協力してプロジェクトに取り組み、かつ彼らとの絆を得られたことは、何物にも変えられない貴重な収穫だったと思います。
 

pix4.jpg

コンペティション後に。私たちのチームは、プレゼンテーションのためにオリジナルのTシャツを作り、
それを着用しています。


改めてBTGプログラムを振り返ってみて、2週間という短い期間ではあったのにも関わらず、多くの経験をしました。チームワークを育むために山奥でアスレチック体験をしたり、ワシントンで働く人と交流をしたりと、日本ではなかなかできない経験もしました。この2週間が充実していたことは、写真に写る参加者の表情からも明らかです。このプログラムを通して、異文化理解の方法を模索、実践に移せたことはもちろん、市民社会に対して、私たちができることは何なのか、またそれをどう実現すればいいのかを学びました。また、アメリカで働く多数の日本人の方々と交流する中で、私たちも、世界規模で活躍する人になりたいという思いをさらに強くしました。このプロジェクトで学んだこと、そしてさらに強くなった思いを忘れずに、今後も参加者同士で刺激を与え続け、前進していきます。
 

pix5.jpg

屋外アスレチックで奮闘する参加者達。

pix6.jpg

ネットワーキングレセプションにて。多くの人が参加し、参考になるお話をたくさん聞くことができました。

最後になりますが、プログラム中に私たちをサポートして下さった皆様、特に、この機会をくださった、The Washington CenterとUSJIの皆様、スポンサーとしてご支援をくださった、TOMODACHI イニシアチブ、トヨタ自動車株式会社、三菱商事株式会社、日立製作所、モルガン・スタンレー社(以上敬称略)、そして私を早稲田大学の代表として選んでくださった、早稲田大学留学センターの皆様に心より御礼を申し上げます。


*TOMODACHI世代
「TOMODACHI は夢を持ち、その実現に向け計画を立て、実行する日米の将来の世代、すなわち互いの文化や国を理 解し、成功と社会への貢献に必要な世界中で通用する技能と国際的な視点を備え、日米関係の将来に深く関わる 「TOMODACHI 世代」の育成を目指しています。」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/pdfs/usjapantomodachi.pdf
 

Top of page