Blog

カレンダー

<<  June 2015  >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:Jun, 2015

アメリカ大使館でのインターンシップ

氏名: 西山 秀平
国籍: 日本
早稲田での所属: 法学部4年

私は、昨年の10月からこの3月末までの6ヶ月間、在東京米国大使館広報文化交流部報道室でインターンとして働かせていただきました。私は法学部に在籍しているので、大使館インターンと学部での勉強が直接は関わらないとお思いになられる方も多いと思います。なので、まずこのインターンに巡り合った経緯から説明したいと思います。

昨年夏まで、私はアメリカのシアトルに留学していました。その際、シアトルで東日本大震災のチャリティーイベントがありました。留学前に少し東北の震災関係のボランティアをさせていただいたこともあり、私はそのイベントの様子をビデオで撮影すると共に、イベントに関わった方からメッセージを頂き、それらをまとめて1つのビデオとし、早稲田大学のボランティアセンターを通じて被災地の方々に届けてもらうという活動を行いました。この時初めてビデオの撮影・作成・編集を行い、観る人へ対するメッセージの伝え方の難しさなどを学ぶとともにそういった分野への興味が生まれました。それからしばらくして留学プログラムの職員の方から大使館の報道室でのインターンがあるから、前回の経験もあるのだし応募してみてはどうか、とお話を頂き、今回のインターンをするに至りました。
https://www.youtube.com/watch?v=NN3mvENxq6w&feature=youtu.be

私のインターンとしての仕事は大きく分けて三つありました。一つ目は、大使館の公式マガジン「アメリカン・ビュー」(印刷版・web版)の記事の作成とそれに関する記事の翻訳です。二つ目は、作成した記事を、SNSを通じて宣伝し、出来る限り多くの人に読んでもらえるようにすることです。三つ目は、ケネディ大使のビデオメッセージなど大使館の作成する映像の撮影補助とその撮影した映像の編集です。この他にも、外部の報道機関向けに大使館で行われたイベントの運営の手伝いをしました。

まず、「アメリカン・ビュー」について。不特定多数の読者へ向けて物を書くということ自体が初めてでした。編集担当の方に何度も手直しをして貰ってようやく一つ書き終えた時は達成感を覚えました。それが、印刷版にもなっている日米野球に関する記事です。そこで感じたのは、一度書いて満足するのではなく、他の人の目に触れさせたり、時間を置いたりして書いたものを更により良い物にしていくという作業の大切さでした。また、視点を絞り、記事を読者に対し魅力的に魅せる、という技術が必要だという事も思い知らされました。
http://amview.japan.usembassy.gov/cultural-exchange-through-baseball/
 

nishi1.jpg

日米野球レセプションにて他の記者に混じってアルトゥーベ選手へのインタビュー(右端が筆者)

次に、記事の宣伝について。記事を書き終え、それをどう読者に届けるか、目に触れさせるかという部分が非常に重要になってきます。インターン期間中、そうしたソーシャルアドバタイズメントという分野のレクチャーも受けました。それを受け、私は職員の方や、他のインターンと共にSNSを用いた記事の宣伝を行いました。その中で、今まで知らなかったソフトやアプリケーションを知ることもできましたし、実際にそれらを使い読者の動向を分析するということも行いました。いつ宣伝のメッセージを投稿するか、その時にどのような言葉遣いをするか、記事のどこにスポットを当てるかで実際に数が上下するのを身を以て体験し、この分野の奥深さ、内に秘める力というものを感じることができました。また、ここでは他の人と一緒になって知恵を出し合ったり、足りない部分をカバーしあったりすることの重要性とその難しさを体験しました。人が増えればそれだけ出てくるアイデアも多くなりますが、逆にまとまりがなくなり、無駄に時間を浪費してしまいがちです。そのような状況をどのようにまとめていけるかという部分が今後の私の課題です。

三つ目は、映像の撮影補助・編集です。この部分では、私は全くの素人と言って良いほど知識がなかったので、する事全てが勉強になりました。撮影には想像を遥かに上回るほどの繊細さと労力が要求されるのだということがわかりました。それと同時に、フォトショップなどの画像・映像を加工するソフトの使い方を学びました。この技術はどこにおいても必要とされる技術だと思うので、このインターンを通じて習得できて良かったと感じています。また、英語の映像に日本語字幕を入れるレクチャーに参加しました。翻訳と字幕の挿入は似て非なるものでこれらを使い分けることの難しさを痛感しましたが、自分が最初に作ったビデオの字幕と比べ格段に良くなったと思います。

最後にこのインターンのハイライトについて。それはまさにインターンの最後、3月にやってきました。先ずは、ミシェル・オバマ夫人の来日です。この時は、大使館内もバタバタとしていて想像を絶する忙しさでした。中旬の彼女の来日に備え、3月の頭から彼女に関する記事の翻訳を行い、それに関する宣伝をSNSで行うと共に、彼女の日本滞在中の映像を撮影するための様々な準備を行いました。また、要人の訪問において、アメリカ側からはホワイトハウス、日本側からは外務省が主導となって色々な事を決めていくのですが、大使館はその間に入り、仲介役の役目を果たせなければなりませんでした。職員やオフィサーの方々はホワイトハウスからの連絡を受け、外務省と会議をしたり、訪問予定先を実際に訪れ当日の予定の確認などを行っていました。このように国際政治の場を身を以て体験できた事は非常に大きい経験になりました。そして彼女の訪日中には、実際に現場を訪れ、警備体制やどのように物事が進んでいくのかを肌で感じる事ができました。たとえ1時間の滞在でも、その裏では想像をはるかに超える人たちが関わっており、綿密な予定が立てられている事がわかりました。今回、そういった裏の部分を見られた事で自分が将来もし準備される側になった時にそういった人々への感謝を忘れてはならないのだと感じましたし、現在所属しているGLFPプログラム* も色々な人々に支えられて成り立っているんだという事を実感しました。そして、なんとか彼女の来日を乗り切った時、なんとも言えない達成感と大使館の一緒に働いた職員の方々との一体感が生まれたと感じました。私事ですが、ミシェル夫人の大使館職員との交流の時間に握手をさせていただいて、少しながらお話ができたことは、このインターンの一番の思い出になっています。
 

nishi2.jpg

大使館で行われたミシェル夫人との交流会の様子
 

Depart-007.jpg

ミシェル夫人を羽田空港までお見送りに行った時の写真

また、その直後、元ニューヨークヤンキースのジーター選手と松井選手の震災チャリティーイベントが行われました。以前に日米野球の記事を書いていたこともあり、是非大使館インターンの締めくくりとしてこのイベントに関する記事を書きたいと思い立ちました。そこで、自ら英語で企画書を書き、アメリカ人のオフィサーの許可を貰いに行きました。その為には、なぜ自分がこの記事を書きたいか、なぜこの記事を書くことが重要なのか、ということ説明しなければなりませんでした。アメリカ人のオフィサーに理解してもらうことは、骨が折れましたが、アメリカ式の仕事の流れというものが身を持って体験できたし、記事を書く際の自分への責任感にも繋がったので非常によかったです。そしてイベント当日、インターンのみで参加し取材も行いました。そこでは、本物の記者の方に混じって取材や場所取りを行わねばならず、圧倒され自分の思うようにいかない時もありましたし、自分の未熟さも感じましたが、何とかイベント当日を乗り切りました。そして、大使館に戻り、記事の作成を行い期日までに書き終え、一つの物にすることができました。最後に自分の力で仕事をしたことによって、独り立ちできたかなと感じています。
http://amview.japan.usembassy.gov/jeter-matsui/
 

nishi3.jpg

ジーター選手と松井選手のベースボールチャリティーイベントでの様子

6ヶ月、長いようですがあっという間に過ぎていき、自分自身とても中身の濃いインターンになったと思います。インターンを通じ、アメリカと日本という2つの国が国際社会において重要な関係にあるか、日本にとってのアメリカという国の存在の大きさを本当に感じました。将来、この良好な関係が続いていくように、自分も何らかの形で関わることができたら良いなと思っています。また、報道室という部門の性質上、イベント等で様々な著名人にお会いする機会がありました。GLFPというプログラムに所属している立場上、リーダーシップというものをしばしば考えられさせるのですが、その意味においてそういった人々を間近で見ることができたということは今後非常に大きな意味を持ってくると思っています。必ずしもお話しする機会があったわけではありませんが、彼らの言葉、立ち振る舞いを生で耳にし、目にすることは、リーダーシップを学ぶ、とるという観点においてこの上ない財産になったと思いますし、今後のプログラム、ひいては自分の将来に活かしていくことができればと強く思っています。

振り返ってみると、自分が留学の前から行っていたことが一本の糸のように繋がってきているように感じています。この機会を与えてくれた全ての方に感謝していますし、親切に指導してくださった大使館の職員の方々にも感謝しています。
 

nishi4.jpg

最後の日にお世話になった大使館報道室の皆さんと


* グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム:多様な価値観を尊重できるグローバル・リーダーの育成を目指し、米国の名門大学との協働で2012年度からスタートした4年間一貫の特別プログラム。新入生を中心に全学部から選抜された約15名を対象に、1年間の米国名門大学への留学に加え、帰国後には日米共同ゼミやグローバル・イシューの解決をテーマとしたカリキュラムを通して、米国大学からの留学生と共に切磋琢磨する。

Top of page