Blog

カレンダー

<<  October 2014  >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

過去を楽しみに

氏名: ローマン・ローゼンバウム
国籍: オーストラリア
現職: シドニー大学名誉研究員、専門は戦後日本文学と大衆文化研究
受賞歴: 2008年 井上靖 賞(シドニー大学)
早稲田での所属と在籍年: 日本文学研究科、1997-1999年


過去を楽しみに
ローマン・ローゼンバウム(シドニー大学)


「今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。 ゆえに、もやい綱を解き放ち、
安全な港から船を出し、 貿易風に帆をとらえよ。 探検し、夢を見、発見せよ。」 ―マーク・トウェイン

 

Bowling.jpg

Round 1にて家族でボウリング

私にとって日本は、私の大切な生きがいのひとつであり、オーストラリアでの生活を比較検討するうえで、
比較対象となる国である。私は日本を何度も訪れたことがあるが、重要なのはそのうち3回。一つ目は、法政
大学での学部留学、次に早稲田大学での大学院留学、そして最後に日文研でのポスドク研究留学である。

私は、かつて私の生徒だった友人から、早稲田大学のWiN (Waseda University International Network)
のブログを書くよう頼まれた。10年以上も会ったことがなかった友人だったので、この依頼には少々驚いた。
しかしながら、東京での先生兼、博士課程研究生としての以前の生活を思い出すことができ、これは嬉しい
驚きであった。私は現在、シドニー大学の名誉研究員として、研究と発表を主として活動している。ほかの
研究者同様、世界中の学会に参加し、専門分野のトピックについて論文を発表している。これは、当該分野
の最新の情報を得、仕事仲間と会い、もっとも大切なこととして、旧友と再会し近況を報告し合う手段である。
私の場合、学会への参加は、特に戦後日本文学と大衆文化研究の各分野において、常に後れをとらない
よう最新情報を把握することを意味する。

しかしながら、以前留学生だった者としてWiNに何か書くよう依頼された私は、日本文学の博士号取得に
取り組む文科省奨学金留学生として2年間過ごした早稲田大学での研究の日々を思い出す必要があった。
私は、早稲田に研究留学生として在籍していたが、シドニーに帰り博士論文を完成することが目的であった
にもかかわらず、日本文学の授業に出席していた。簡潔に言えば、私は研究交流生であったが、早稲田大学
は私を地域にある国際学生寮に入れてくれ、また研究のため、図書館の利用を許可してくれた。その当時の
私のトピックであった、戦後日本文学における大江健三郎の文学に集中するには、絶好の環境であった。
私が受給した奨学金はある程度までしかカバーしていなかったため、私はときどき英語を教え、収支を合わ
せていた。これにより、私は、現在でも連絡を取り合う仲の友人の多くを得た。

日本に留学することは、自身の文化からの社会的、個人的支配を超越する手段であった。チェスタートンが、
簡潔にこう言っている。「旅の最大の目的は、外国の地に足を踏み入れることではない。最後に自身の国に、
これを外国の地として足を踏み入れることにある。」日本は、西洋文化の対照として、私の人生において多く
の機会をもたらした、最適な目的地であった。「雀、百まで踊り忘れず」というが、私の日本への旅と日本での
経験が、私の現在の生活を形作っている。何よりも、早稲田での経験により、私の言語そして執筆への愛情が
呼び覚まされた。私は現在でも言語と執筆活動を大切にしているし、また言語と執筆活動が、私を大江健三郎
の哲学へと結びつけてくれた。大江は、こう書いている。「私の文学の根本的スタイルが、個人的な具体性に
出発して、それを社会、国家、世界につなごうとするものなのです。」早稲田で留学生向けの寮に滞在していた
ことは、多くの異なった文化的背景をもちながら、同じような考えをもつ学生と知り合う、最高の機会を与えて
くれた。日本、韓国、中国の学生との生涯にわたる友情、多文化環境における長続きする友情を育む基礎と
なった。このような友情に基づき、私は今日、こうして書いている。
 

BoysGirls.jpg

東は東, 西は西, 両者絶えず相交わるべし

早稲田はまた、私の人生のとても個人的な部分と関わりがある。私の人生の同行者であるルイーズは寮で
私と意気投合し、ともに早稲田大学に通い東京に滞在する間に関係を深めていった。そのときは日本に
3年間滞在したが、日本に一緒に滞在する期間と¬¬してはもっとも長いものとなった。私が研究をする間、
ルイーズは地元の学校で英語を教えていた。一緒に生活する方が楽だった。長い日本での滞在のあと帰国
して間もなく、シドニーで結婚し、その後20年以上にわたり、一緒に過ごしている。新ミレニアム(平成12年)
には、双子の男の子を授かった。今はもう高校生になっている。 オーストラリアで生活するうえでも、私たちは
ともに日本を愛しており、いつも、この第二のふるさとを再び訪れる機会を探している。バルトは、この現象を、
「表徴の帝国」にてこう書いている。「日本に来てみると、いっさいが変わる。自国で異国にとりつかれている
オーストラリア人が自国で囚われていた異国の符号の皆無または過剰は、話し言葉と言語、画一性と個性、
個人と種族との新しい弁証法のなかに溶け果ててしまう。」 したがって、我々は、永遠に日本を再訪すること
に囚われ、たまねぎをむくときのように、いつでも最新の楽しい発見の下に隠された「新たな意味の層」を見つ
けるだけなのかもしれない。

2010年には、作家兼活動家の小田実についての本を研究したいとの申請が承認され、再び家族全員で日本
に渡ったが、今回は、古都京都の外れ、桂の近郊に居を構えた。京都を見下ろす日文研(国際日本文化研究
センター)のキャンパスが、それから1年間の住まいであった。双子の息子たちは、地元の桂小学校で1年を
過ごすことになった。 京都での家族の生活はとても素晴らしいものだった。日本中を旅行し、 日本の本質を
自身のなかに、さらに刻みつけた。 日文研での研究の成果として、例えば「小田実の思想と文学」などの
小田実に関するいくつかの出版物を発行できた。我々の日本での生活は、3月11日の東日本大震災により、
劇的に終わってしまった。 したがって、最後の研究論文は、いまだ執筆中である。
 

Hakuba.jpg

白馬での雪の研究

早稲田時代に話を戻すと、振り返ってみて、早稲田大学の遺産、そしてそのなかに私が残したものは
何だっただろうか。いくつかの些細なことが思いあたる。それ自体はあまり重要なことではないかもしれない
が、私の残りの人生のなかでずっと私のなかに残り続けるだろう。 第一は、1997年11月10日に早稲田大学
で行われた「ノーベル賞受賞者を囲む『フォーラム21世紀への創造』というフォーラムである。シェイマス・
ヒーニーや私の研究対象である大江健三郎など、ノーベル文学賞受賞者に会う初めての機会を与えて
くれたのが、このフォーラムであった。
 

チラシ.png

 
留学生として早稲田大学にささやかな貢献ができた第二の機会は、「繍」の会という文学雑誌をとおして
であろう。私の先生や仲間の学生が、初めての日本語による研究論文を発行する手伝いをしてくれた。

    ローマン・ローゼンバウム「日本現代文学における「周縁と普遍」―「大江健三郎の作品を巡って」
    繍、第10巻、1998、154-62

    ローマン・ローゼンバウム「戦後文学における「亡命」という概念について―大江健三郎を中心に」
    繍、第11巻、1999、175-80
 

Noodles.jpg

シドニーにて、家族で和食のディナー

今の私からすると、これらの論文がとても未熟なものであることは確かだが、私には、この論文がまるで昨日
書かれたものであるかのように、実体的、具体的であると感じられる。そこに内包されているのは、早稲田
大学およびその文学的遺産の本質にしっかりと結び付けられた、私の一部である。私は、小さいながらもこの
遺産の一部であることに誇りをもっている。 早稲田大学とシドニー大学の間の、現在の知的、学問的パートナー
シップは強固であり、より個人的なレベルでの話をすると、私はシドニー大学に留学中の早稲田からの交換
留学生に日本語のコースを教える機会を得た。 早稲田からの交換留学生は常に、私の心のとっておきの
場所に住んでいる。 最後になるが、早稲田にいる間、多くの課外活動を楽しむことができた。そのひとつには、
エベレストを目指したヒマラヤ登山もあった。が、この話はまたの機会に・・・。

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

ローマン・ローゼンバウム
 

ローマン・ローゼンバウム氏の最新著書 “Visions of Precarity in Japanese Popular Culture
and Literature” は2014年11月に
Routledge社から出版される予定です。

Top of page