Blog

カレンダー

<<  January 2014  >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

二段階留学の勧め

Profile
氏名:不破信彦(フワノブヒコ)
Japan Study 早稲田大学交換留学生
留学先と留学期間:ベロイト大学1982-83年度
現在:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授

不破信彦 写真.jpg


本稿では、国際的なキャリアを目指す(主に日本人の)学部学生を対象として念頭におきながら、外国
の大学院での修士または博士号の取得を目指すことを前提に、その前段階として、学部時代に1年間、
小規模で日本では無名なリベラル・アーツ大学に留学することを推奨したい。

私は大学3年生の時に国際部の交換留学制度を利用して、米国ウィスコンシン州のベロイト大学に
在籍した(1982-83)。当時は交換留学先の選択肢は少なく、特にアメリカの所謂「有名大学」はその
中には一切なかった。とはいえ、それまで一度も外国に行ったことがなかったので、行かせて
もらえるのならどこでも、というのが正直な思いであった。

アメリカに限らずどの国に行くにせよ、大学の学部学生の時点で交換留学に出かけることの最大の
メリットは、それまで生まれ育った社会・文化的環境から離れた場所に身を置いて、今後の自分の人生
の過ごし方についてじっくりと考える時間を持てることだと思う。少なくとも私にとってはそうであった。
私自身は、いろいろと思いあぐねたあげく「国際開発」分野のキャリアを志ざし、現時点で職場を7カ所
渡り歩いているが、キャリアの方向性自体はぶれることなく今日に至ることができているのは、一重に
ベロイト大学時代の一年間のモラトリアム期間の思索のおかげだと、今でも思う。

ベロイトから早稲田にもどり、5年かけて大学を卒業した後、5年間のサラリーマン生活を経てカリフォルニア
大学(バークレー)大学院に5年間在籍した。それらの経験をもとに、中西部のリベラルアーツ大学と西海岸
の大規模な研究大学という対照的な環境を対比することで、これから留学先を選ぼうとしている学生諸氏の
参考にしてもらえればと思う。

中西部の小規模な大学の魅力の一つは、日本人が(ほとんど)いないことだ。それらの大学ではほぼ全員
の学生がキャンパス内の寮に住むことになるので、あまり努力をしなくても日本人以外の人々と付き
合わざるを得ない。日本語を使う相手がいないから、いやでも英語が上達する。ただし、英語の文章力は
自然には上達しないので、授業科目としてオファーされる「academic writing」等を履修することは不可欠
となる。私が今まで在籍した7カ所の職場のうち2カ所は国際機関(アメリカにある世界銀行およびフィリピン
にある国際稲研究所)であったが、そこで必要とされた英語力の基礎は全てベロイトでの一年間で得た
ものといってよい。

他方、大規模の有名大学には日本人コミュニティーが形成されている。彼らと全く付き合わないことは
無理であるし、後の人生での人脈形成のためにも彼らと付き合わないことは賢明ではない。その結果、
日本人以外の学生との付き合いや英語でのコミュニケーションの密度は、どうしても中西部の大学に
いる場合よりも低くなる。また日本と同様アメリカの有名大学でも、学部レベルでは大教室での授業も
多いため、教授のアテンションを得にくいが、リベラルアーツ大学では授業の規模が小さく、教授との付き
合いがはるかに濃い。そもそも、アメリカの著名研究大学に在籍する最大のメリットは、国籍を問わず
集められたトップクラスの研究者の指導が受けられることにある。そして私自身にとっても、バークレーで
学位を取得したことは、その後のキャリア形成に必要不可欠な要素となっている(例えば、世銀への就職)。
しかし著名研究大学の学生としてのメリットが活きるのは、学部教育ではなく、あくまで大学院レベルで
あるということである。

またアメリカといっても広いので、東、西、中西部等では文化も人種構成も大きく違う。有名研究大学が
ある多くの街はコズモポリタンな場所が多く、日本食も求めれば手に入るが、中西部はそうはいかない。
田舎の人々には、日本がどこにあるかもよく知らない(又は日本が島国であることを知らない)人もいた。
いろんな意味で、有名大学に行く場合に比べて、受けるカルチャーショックの大きさが全く違う。
カルチャーショックを受けることが留学の目的の一つであるから、どうせならショックは大きい方がいい。

一般論としては、キャリア目標次第では必ずしも留学先を北米から選ぶ必要は全くない。国際開発を
専門とする立場から言うと、将来いかなるキャリアに進むにしても、大学の学部時代に一年外国で過ごす
先として非英語圏の発展途上国は極めて魅力的な選択肢だと思う。しかし他方で、例えば国際機関の
職員を目指すのであれば、まずはネイティブと遜色のない英語力(特に素早く文章を書く力)がないと全く
相手にされないので、学部時代の一年間でそれを身に着けることは理にかなっている。特に、将来的に
英語圏の大学院への進学を視野に入れている人に対しては、学部の段階では有名大学をあえて避けて、
小さなリベラルアーツ大学で学ぶことを強く勧めたい。

Japan Study and Waseda University
50 Years of International Exchange, 1963-2013 より転載

Top of page