Blog

カレンダー

<<  August 2013  >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:Aug, 2013

開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!

asep1.jpg


中国の清華大学、韓国の高麗大学校、ベトナムの国家大学ハノイ校、そして本学の学生計79名が、
公益財団法人イオン環境財団(岡田卓也理事長・本学校友)が主催する第2回アジア学生交流環境
フォーラム(Asian Students Environment Platform 2013:通称ASEP)に参加しました。

昨年は早稲田大学がホスト校として、「日本文化を通して環境を考える」をテーマに実施しましたが、
今年度は高麗大学校がホスト校として、「環境と人間」をテーマに、韓国の済州島、光州、全州、DMZ、
ソウルでのフィールドワークを主とした7日間の合宿形式のプログラムを組みました。最終日には高麗
大学校にて成果発表会が行われ、4大学で編成された10のグループによる発表を行いました。

主なプログラム:  

8月2日(金)<ソウル> 開講式
8月3日(土)<済州島> フィールドワーク(世界遺産ゴムン・オルム、済州島民俗自然史博物館)
8月4日(日)<済州島> フィールドワーク(温帯亜熱帯森林研究所、済州民俗村博物館、オレギル)
8月5日(月)<群山> フィールドワーク(セマングム干拓、記念植樹、KFRI実験林、全州韓屋村)
8月6日(火)<DMZ> フィールドワーク(ドラ展望台、イムジン河)
8月7日(水)<ソウル> フィールドワーク(蘭芝島、清渓川)
8月8日(木)<ソウル> 成果発表、修了式

フィールドワークは済州島からスタートし、世界遺産コムンオルムの溶岩地形、秋田から移植し根付いた
赤杉の大木が育っている実験林、そして島独特の民俗と自然を体感しました。オレギルのトレッキング
では海岸沿いの風光明媚なトレイルを多くの市民が歩いている様子を視察しました。

済州島から光州に飛び、黄海沿岸の大規模干拓地セマングムを視察し、開発の光と影を学びました。
またセマングムの中洲の公園に150本の松を植樹しました。全州では、韓国の伝統家屋を見学しました。
 

asep2.jpgasep3.jpg

北上し、北朝鮮の国境である非武装地帯(DMZ)とイムジン河のチョッピョン島を見学し、地雷の埋設地域
における生態系について学習しました。

asep4.jpg

さらにソウル市内の、かつて大規模ゴミ集積所であった蘭芝島がワールドカップ公園に変貌を遂げた
様子、そしてかつての高速道路を撤去して復元した清渓川を視察し、人の力で自然の景観を蘇らせた
事例を学びました。

asep5.jpgasep6.jpg

修了式では、参加学生が徹夜で仕上げたプレゼンテーションによるグループ成果発表、プログラム
ディレクターの孫堯丸高麗大学校教授による講評、韓国環境研究所所長イビョンウ教授による特別
講義、そして岡田卓也イオン環境財団理事長から修了証書が授与されました。本フォーラムは
次年度は中国において開催される予定です。

asep7.jpgasep8.jpg


–早大参加者の感想–

セマングン干潟における人の技術と環境の関係や済州島の森の文化など、これからさらに発展して
いくアジア諸国が学ぶべきことを発見することができました。そして、国際色豊かなメンバーが同じ
目標のために、だんだんと協力していくことが可能であると実感することもできました。
(社会科学部3年 中村匠

私は今回、初めてASEPに早稲田大学の一メンバーとして参加させていただき、たくさんの貴重なことを
経験させていただいたと同時に、初めて環境に気づかされた部分がありました。特に印象的だったのは、
韓国での環境に対しての取り組みをグループ内で日本、中国、ベトナムの3カ国のケースとの類似点や
相違点を話し合いながら探していったところです。私たちのグループは、最終課題でもありました
プレゼンテーションで環境問題を少しずつ改善していっている中国の水質汚染についても述べました。
このように、日本だけではなく、アジアでの環境対策や問題点を学ぶことが出来た充実した一週間でした。
(国際教養学部2年 川上梨菜

ASEPは、私たちが環境と社会に貢献するリーダーとなるのに必要な事柄を学ぶ機会を提供してくれる
プログラムでした。笑い、汗かき、涙を流しながら、私たちは成功に向けて全力で取り組みました。私は
ASEPで決して忘れられない体験をすることができたので、来年も必ず参加したいと思います。
(国際教養学部2年 Ta-Wei Yang

昨年度(ASEP 2012)の開催報告
http://www.waseda.jp/jp/news12/120903_asep.html

本件に関するお問合せ:
早稲田大学国際部
TEL: 03-3203-7747 FAX: 03-3202-8583
E-mail: asep@list.waseda.jp
イオン環境財団について
http://www.aeon.info/ef/

Top of page