Blog

カレンダー

<<  June 2013  >>
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

早稲田大学への交換留学プログラム体験

Profile
氏名: Ambika Kamat 
出身校: Parvatibai Chowgule College(インド・ゴア州)
早稲田大学とインドのチョウグル・カレッジの交換留学プログラム参加者
 

Ambika.jpg

右から一番目

全体的な感想

2012年11月、私はチョウグル・カレッジと早稲田大学の交換留学プログラムを通して早稲田大学を
訪れました。以前から日本文化に興味があったのですが、実際体験しながら文化を学べる絶好の
チャンスでした。このプログラムを通して日本の言語、宗教、社会、そしてなによりも人々など、様々な
面を垣間見る事ができました。定期的に開かれた講義を通して早稲田大学の教育、学生生活や
キャンパス施設について知り、様々な文化的名所を訪れさらに知識を磨くことができました。


早稲田での教育状況やキャンパス活動

講義

定期的に多様なテーマの講義を受ける事ができたので、言語社会学、ジェンダー、現代芸能、 京都の
水情景、日本の歴史などについて知識をつける事ができました。これらの講義のうち、最もおもしろかった
のが山口先生の「東日本大震災」とワット教授の「日本の歴史と文化における神道」でした。

これらの講義を通して、内容の理解を高め、興味を引き出すために早稲田で使われる教材ツールに
ついて知ることができました。 

キャンパスで現地の学生たちとの日常的な交流もできたおかげでインドの大学制度との微妙な違いに
気づく事ができ、二校の学士制度の期間(早稲田は4年、チョウグルは3年)や選択科目、専攻分野、学部、
就職活動、単位、学期、カリキュラム、採点基準やレポートなどの仕組みを比較してみたくなりました。

キャンパスでの課外活動

☆ライティングセンター訪問

プログラムのあいだ、早稲田のライティングセンターも訪問させてもらいました。チョウグルでの
ライティングセンターの設立とのきっかけを作ってくださった佐渡島准教授がライティングセンター
について説明してくださり、「ライティングセンターでは機械的に学生の作文を修正するのではなく、
議論や提案などを重ねて文章の書き方を向上させる指導」を行っている点を強調されていました。 

チョウグルで2か月間学生講師として指導した経験を持つ自分としては、早稲田の学生講師の方々と
交流できた事で、学生の作文力を向上に導くツールやスキルなどの知識を広げる事ができました。

☆学生サークル:先代から受け継いだ伝統を重んじり、次世代に伝える 

個人的に一番いいと思ったのが「学生サークル」でした。学生たちが趣味を楽しむという形式で伝統を
守り、頭を休め、勉強からのストレスから解放され、努力が認められれば単位を取得し、それを他の学生に
も勧める事ができるのです。 早稲田で見学させてもらったサークルは 「茶道研究会」とダンスクラブの
ふたつでした。古くから伝わる茶道文化を守る研究会で学生たちはその洗練されたしきたりについて
学びます。(私自身も体験させてもらいました。茶碗を回し、抹茶を堪能し、茶碗の美しい柄に見とれながら
畳の和室で座布団に座り…ああ!もう天国のような気持ちでした。)ダンスサークルではソーラン節という
北海道の漁師の踊りを教わりました。この体験も楽しかったです!

☆西早稲田キャンパス理工学部ツアー

西早稲田の理工学部見学ツアーはとても面白かったです。ロボットだらけの空間はまさに「機械系」でした。
すべてここの学生たちが作った斬新な機械という事でした。私が一番興味を持ったのは学生たちが
作ったモデルで実験するワークショップでした。彼らのような知的で探究心を携えた学生たちこそが日本
の技術的進歩のカギを握っているのでしょう。 

☆アメフトゲーム

ビッグ・ベアーズとユニコーンの試合は圧巻でした!ひっきりなしに変わるスコアボードに目をやりながら
チームの応援団や歓声をあげて応援する観客に囲まれ、スポーツ一色の一日となりました!その日は
早稲田チームの勝利となり、最高の締めくくりとなりました。


日本文化体験

☆文化的名所の訪問

新江戸川公園、芭蕉庵、明治神宮、浅草寺、浅草や江戸東京博物館などの名所を訪れ、さらに文化
体験を深めることができました。江戸時代の情緒を再現した等身大の人物像や建築物、侍の刀や鎧、
物語が書かれた古書や巻物も素晴らしかったです。繊細な装飾、高い芸術性と華美な仕上がりの品々
に強く吸い寄せられました。(なにより、江戸東京博物館の80歳を超えた流暢な英語を話すベテラン
ガイドの女性が色々説明してくれたのが最高でした。彼女は博物館のすべての展示品にまつわる
歴史をほぼ完璧に知っていたのです。1日中そこにいたいほどでした!)  

Ind5.JPGのサムネール画像


☆社会的価値観、公共マナーやエチケットなど

日本の人たちの魅力は時間を守る習慣、自己管理、自律性、清潔感、信頼性、優しさ、謙虚さや社交性
などにあると感じました。彼らの美的センス、独創性、機転の利かせ方、仕事への忠誠心は素晴らしい
です。日本が世界一安全な国のひとつであるのもこのような価値観が文化に根付いており、社会全体
に浸透しているからなのだと思います。

☆のり巻きパーティー:佐渡島教授と家庭料理を堪能

佐渡島教授のお宅におじゃまして手巻き寿司を作りました!たくさんの色鮮やかな具の寿司が並び、
どれも素晴らしい味でした。あの味を表現するには「オイシイ」以外の言葉はありません。 

日本の家庭料理を作って楽しんだ経験は一生忘れない思い出になりました。食後はビンゴを2回やり、
勝者にはすてきなプレゼントもありました。 

Ind7.JPG


☆仏教体験で味わった静寂なひととき

- 鎌倉旅行

日本での最初の1週間があっというまに終わった11月10日は自由行動の日でした。文化と宗教に興味が
あった私は鎌倉を見学することに決めました。直前にガイドをお願いした留学センターの山口課長がご親切
に同行してくださり、その友人の野川環さんも一緒に来てくれました。江の島で有名な「江ノ電」に乗り、大仏
像のある高徳院からはじめ、長谷寺、武将たちが祀られている鶴岡八幡宮、竹の庭で有名な報国寺を訪問
したのち、建長寺で一時間座禅を組みました。重く鳴り響く鐘の音とお香の香りに包まれ、心が洗われる
ようなスピリチャルな体験でした。

環さんと一緒に漢字で書かれたお経を筆と墨でなぞる写経にも挑戦してみました。一生に一度は日本の
お寺を見てみたいという長年の夢がまさに実現した日でした。手を水で清めたり神様にお祈りする前に
鐘を鳴らしたり、ご利益のためにお守りを買ったり、おみくじをひいたりなど、インドのお寺での習慣と
類似している点をたくさん発見しました。私のためにこの貴重な旅行を計画してくださった佐渡島准教授
と山口さんに感謝しています。
 

Ind1.JPGのサムネール画像


- 真如苑のお寺訪問

その次のツアーオプションだった真如苑もまた癒される体験でした。佐渡島准教授の計らいで別の
日本の仏教の宗派を知ることができました。この教団は76年前に立教され、涅槃行とブッダの最後
の教えを 説いているそうです。黄金の涅槃物と菩薩様が美しく印象に残りました。 

駅の看板に書かれた漢字を覚えたのも忘れられない思い出です。 


インド・デー:真の文化交流が成立した日

文化交流というものは一方的に行われるプロセスではありません。新しい文化について学ぶと同時に、
自分の文化の信仰、価値観、習慣や伝統なども詳しく把握し、相手に説明できてから、初めて対等な
交流が成立するのです。そして二つの文化を比較できる理性と新しい物事を受け容れる感受性を常に
備えるべきでしょう。大隈ガーデンホールで行われたインド・デーのイベントでは実にそのような文化
交流が実現できました。

インドの文化を伝統芸能やボリウッド音楽やフォークパフォーマンスなど、様々な催し物を通して日本の
人たちに届けるのは楽しい体験でした。観客のみなさんにはイベント中インドのスナックをお出ししました。
二つの独特な文化を共有できたあとの達成感は言葉で表せるものではありません。

最後に、早稲田大学の教職員の方々と学生のみなさんに心からお礼を述べます。

特に佐渡島准教授、山口さん、田邊さん、江頭さん、柏崎さん、そしてSILSの学生のみなさん。いつでも
私たちの手助けをしてくれ、私の日本滞在を快適で一生の思い出に残るような経験にしてくださり、
本当にありがとうございました。
 

Ind8.jpg

Indian Cultural Night

Top of page