Blog

カレンダー

<<  May 2013  >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:May, 2013

ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」

Profile
氏名: 中村 未来 (ナカムラ ミキ)
所属: 国際教養学部 3年 (2013年2月留学派遣時)
インド滞在期間: 2013年2月6日~19日
 

IndaiG.jpgのサムネール画像

一列目、左から2番目

わたしは、もともとインドの食に興味があり、人生一度はインドへいってみたいと思っていた。本場のインド
カレーを食べてみたい、という小さな夢を叶えるために、この留学プログラムに申し込んだ。そんな軽い気
持ちで申し込んだプログラムだったが、最終的に、わたしの心を大きく変えてくれる貴重な経験となった。

1. チョウグルカレッジでの授業 ~インドの言語体系~

チョウグルカレッジでは、ゴアの料理・舞踊・宗教・言語・歴史について学んだ。中でも最も印象に残って
いるのは、言語に関する授業だ。インドの人々は、国の共通語であるヒンディー語、英語、そして州独自
の言語(State Language)の三つの言葉を学校で学習し、巧みに話すことが出来る。州独自の言語は、
その州に住む人なら、若者から老人まで、誰もが話すことができる。なぜ、州独自の言語というものが
存在するのか。その答えは、インドの歴史にある。インドという地域は、植民地時代以前、“個々の言語を
使用するコミュニティーが複数存在する場所”にすぎなかった。しかし、イギリスによる植民地支配が始
まると、それらのコミュニティーは「インド」という一つのかたまりに、イギリスの統治によってまとめられて
しまった。インド人にとって、「インド」は故郷であって、故郷でない。あくまで、「インド」は複数の州の集合
体に過ぎない。彼らの故郷は、自分の州である。今でもなお、各州に住む人々は自分たちの州に誇りを
持っている。そして、州独自の言語(State Language)にも誇りを持っている。植民地支配が終わって
「インド」としてまとめられた今でも、州に住む彼らの誇りは、美しく残り続けている。その誇りが、州の言
葉を残し続けてくれている。

この、インドという国の成り立ち・言語体系が、日本とは大きく異なるため、わたしには、とても興味深かった。

India2.jpg

2. デリー・アグラでの体験 ~貧富格差~

ゴアのチョウグルカレッジの学生たちから、たくさんのあたたかい優しさを受け取ったあと、わたしたちは
デリーとアグラに観光のために向かった。そこには、タージマハルやアグラ城といった、世界でも有名な
遺産が多くあった。

わたしはこれまでに、タイ、ベトナム、チェコ、ハンガリー、オーストリアで観光をしたことがあるが、インド
でみた光景が最もショッキングだった。心と目と頭に、焼き付いて離れない光景が、そこにはあった。

タージマハルやアグラ城の周りには、必ず、物乞いの人々がいて、彼らは観光客と目が合うと、手を差し
出して金銭を要求する。物乞いの人の多くは、老人や小さな子供たちだ。動く体力はないけれど手だけを
差し出して「money」とつぶやくおばあさんもいた。ずっとわたしたちの後ろをついて離れない、片手のない
子供もいた。手足に障害があり、四つん這いでしか歩けないおじさんもいた。お腹をすかして、「Hello,
Hello」と繰り返し、繰り返し、わたしたち日本人に叫び続ける小さな女の子と男の子の兄弟も居た。両足
が無いにも関わらず、必死にわたしに近づこうと頑張って動こうとしたおじいさんもいた。わたしは、彼らと
目が合うたびに、彼らをみかけるたびに、彼らに声をかけられるたびに、心がとても痛んだ。

物乞いの人々に比べて、チョウグルカレッジに通う学生たちは、とても裕福な家庭に育ったのだろうと
思った。物乞いの人々と、裕福な家庭に育った人々の瞳は、ちがう。(決して、物乞いの人々に優しさや
思いやりがない、と言いたい訳ではないが)裕福な生活をしている人には、優しさや思いやりを他人に
与えるだけの心の余裕と、人間としての尊厳とプライドがある。物乞いの人々にわたしたちが与えるべき
ものは、その日限りの金銭や食べ物ではなく、人間としての尊厳とプライドなのではないだろうか。その
日食べて終わってしまう一切れのパンは、彼らが生きる上で、とても重要だ。しかし、そのパンが、彼ら
の人生を救う訳では無い、彼らの人生を変える訳では無い。では、わたしは、彼らに何を与えることが
出来るのだろうか。彼らは、自身の人生のために何をすることが出来るのだろうか。わたしはこの14日間
のプログラムを通して、ずっと、この貧富格差について考えていた。日本では、飢餓や貧富格差なんて
他人事のように感じていたが、インドにいくことによって、肌と目と心で、様々なことを感じた。とても貴重で、
忘れられない経験となった。絶対に、絶対に、忘れてはいけない経験となった。

India3.jpg

3. 今後について

短期海外留学がこんなにも、自分の人生観と心に、衝撃を与えるものだと思っていなかった。帰国して
から、世界をみる自分の目が変わった。ぜひ、大学在学中に、別のプログラムにも参加したいと思った。
さらに言えば、海外ボランティアにも興味がわいた。わたしがインドの人々からもらった優しさと思いやりを、
もらうばかりではなく、今度はこちらから何かを与えたい。そう思うようになった。地球はとても広くて大きい。
わたしたちが、水や食べ物に困らない生活を送っている瞬間にも、地球のどこかで誰かが飢餓や病気に
苦しんでいる。その現実を、決して忘れてはいけない。そう強く思った。この14日間のインドプログラムに
参加できたことは、わたしの人生の大きな財産になった。

India4.jpg

4. 最後に、読んでくださったあなたに

この文章を最後まで読んでくださって、ありがとうございます。ありがとうの気持ちでいっぱいです。わたし
は、この文章に「わたしには何が出来るのか?」という思いを込めたと同時に、読んでくださる方に向けて
「あなたには何が出来ますか?」というメッセージを発信しているつもりです。ぜひ、一緒に、考えてください。

「自分に何が出来るのか?」

Top of page