Blog

カレンダー

<<  October 2012  >>
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ

Profile
氏名:和田 奈月(わだ なつき)
早稲田大学在籍期間:2009年4月~
早稲田大学での所属:国際教養学部4年
留学先:タンザニア ダル・エス・サラーム大学 人文社会学部(交換)
 

Tan1.jpg

左から2番目

生まれも育ちも北国青森。「グローバル」とは程遠い環境で、標準語さえ縁遠かった。海外旅行に別段興味はなく、修学旅行で東京へ行っても満足に歩けず。そんな田舎っぺが、富士山を差し置いてキリマンジャロ滞在を経験することになるなんて夢にも思っていませんでした。

―――大学初の夏休み、タンザニアへ1人オープンキャンパス

大学初の夏休み、mixiのコミュニティーサイトでNPO法人「NICE」の国外ワークキャンプ募集を見つけたことが私のアフリカ渡航へのきっかけでした。高校までの夏休みと異なり課題もなく、2カ月もの夏休み。周りはすでに短期留学や旅行の計画があり、「暇を持て余すまい」と早速応募。国際教養学部や国際学生寮で、色々な国の人と交流するのに関心があったことから、世界中からボランティアの集まるワークキャンプということですぐに応募しました。

Tan2.jpg



小さい頃から「周りと違うことをやって目立ちたい」性だった私。どうせお金をかけるなら変わったところへ行きたい。
そこで、「オープン教育センター科目で第2外国語として学んだスワヒリ語が使用される国」「早大の協定校であるタンザニアのダル・エス・サラーム大学を留学先の視野に入れていたので、下見&両親を安心させるためのよい機会になる」という理由から、タンザニアのワークキャンプを選びました。
国際教養学部では大学2年次に交換留学が必修です。「英語もまだ未熟だし英語圏で英語を鍛えるべきかも」「でも多数派に流れて同じような経験をして何が面白いのか」と悩んでいた頃だったので、試しにタンザニアに行ってみて、生活に馴染めるかを見る必要がありました。さらに、留学志望書に「すでにアフリカ渡航経験が有り、もう一度友人に会うために志望しました」と“純粋な気持ち”を書けば、肩書きとしても映えるんじゃないかしらという下心もありました。
ワークキャンプはキリマンジャロ山中腹のMwika(ムウィカ村)で、近辺はMarangu(マラング)と呼ばれるキリマンジャロ登山口があります。内容は、小学校での塗装、スポーツ、英語教育ボランティア。メンバーは、タンザニア、フランス、ドイツ、ポーランド、チェコ、スロヴェニア、韓国、日本から計15名で2週間の共同生活。初めて会う国の人たちは英語がまるで母語話者のようにペラペラでしばしばスピードについていけず、休憩時間は難しい会話のいらない子供達との交流に徹しました。

―――10歳の男の子に恋をする(笑)

Tan3.jpg


宿泊所に集まる子供達の可愛いこと。言葉の壁も関係なく人懐こく寄ってきます。『旅の指さし会話帳~ケニア編』(発行:情報センター出版局)を片手に、習いたてのスワヒリ語を試すと、片言でも子供との意思疎通がとれている気がしました。子供達の中で特に仲良くなった子が、ミラン(10歳)。ある日近所で買った飴を子供達にあげていたのですが、ミランにだけ「いらない」と言われました。甘いものが苦手かな、と最初思っていましたが、事情は違いました。ある日、ミランが母親と一緒に、宿泊所に血糖値計測キットを持ってきてくれました。それは、ミランが先天性糖尿病を患っていることを意味していました。自分が小学生時代、同様の病気のある同級生がいたため、すぐに気がつきました。ミランは、人差し指を針で刺して流れた血を、リトマス紙に浸し、計測器に差し込む作業を淡々と行う様子を見せてくれました。朝起きて、顔を洗って、歯磨きをするのと同様に、血糖値を測る。ミランにとってはそれが生まれた頃からの「生理生活の一部」なのかもしれません。持病のことを卑屈に言わず、笑顔で計測の様子を見せびらかす小学4年生のミランが、何だか自分よりしっかりした大人に見えました。メンバーとの文化交流、サファリ、小学校での交流など色々体験したけれど、私の心に一番残ったのはミランでした。キャンプが残り数日となった時、ミランを含め仲良くなった子供達のために何ができるのだろうと考え始めました。その答えが出ないまま、キャンプは最終日を迎え、名残惜しく別れを告げました。帰りの飛行機でも、ずっとミランの笑顔を思い出しながら、「来年また絶対行こう」とタンザニア留学を決意したのでした。

Tan4.jpg


・・・と、初のタンザニア渡航で一応純粋(?)な目的を得て、タンザニア留学を志望していましたが、実際の留学生活では予想もしなかったトラブルが続いてしまうのです・・・。

Top of page