Blog

カレンダー

<<  July 2012  >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:Jul, 2012

第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー

外国人日本舞踊大会の趣旨
国境を越えた芸術文化活動の展開が、わが国の文化を振興するためにも不可欠であるという思いから、駐日外国人、留学生そして日本の学生に日本舞踊の稽古を精進させ、発表の機会を与えることで、日本の伝統文化への継続的興味を増進、文化による国際理解力の向上を目的とする。

DSC00629.JPG

第七回外国人日本舞踊大会の概要
第七回外国人日本舞踊大会は平成24年6月23日(土)に日本女子大学のイベント会場にて開催されました。開会の挨拶から始まり、会場にたくさんの人が集まりました。大会出演者は、各国、各大学の51名です。4人組または5人組で、長唄「藤娘」、長唄「寿」、小曲「花かげ」の演目で踊りました。
http://www.npo-japa.com/index.html

審査発表
一位:朱 (ジュ トン)早稲田大学・中国
二位:Elin Gustafsson(グスタフソン エリン)早稲田大学・スウェーデン
三位:青山学院大学・韓国、東京大学・中国の留学生2名
 DSC00604.JPG

早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
51人の出演者の13人は早稲田大学の学生でした。出演者のみなさんに大会までの準備および出演後の感想についてアンケートインタービューを行いました。

▽大会に向けての稽古について
稽古は難しかったが、友達と一緒に稽古ができて楽しかった、先生に感謝の気持ちでいっぱいという答えが多かったです。

★秋学期から1ヵ月に2回ぐらいずっと練習していました。先生はすごく優しくて、皆は何回失敗してもいつも面白くて、気長に踊りを教えてくださいました。日本舞踊は難しいので、お稽古がちょっと大変でしたが、本当に楽しかったです。終わって本当に残念だと思います。(E.G)

★半年間という長い期間を通して練習しました。しかし、みんな楽しみました。最後の月には沢山やりました。プロの先生達から教わり、動きを調整し、正しい踊り方を学びました。先生のビデオも見ながら練習もしました。無駄な努力じゃなかったと思います。可能であれば、パフォーマンスのために、先生からもう一つ踊りを教わりたいです。よろしくおねがいします!そして最後に、この経験は私の人生の宝物。もしまた機会があれば踊りを続けたいです。(T.Z)

★実は、最後のパフォーマンスの準備はあんまりやっていません。プレゼンテーションの1ヵ月前に集中的な練習に参加したため、間違った動きはすべて先生に直して頂きました。準備で一番必要だったことは、頑張って動きをすべて暗記することでした。日本の伝統的な踊りと文化のとても特別なイベントでした。なので、こんな面白いアクティビティは、日本在住の留学生へもっと宣伝をしていただきたいです。(W.Z)

★隔週日曜日稽古場に行き、先生の指導をいただき、帰ったら復習をしていました。そして、大会直前、先生と追加稽古をし、細部までうまくできるように頑張りました。(Y.J)

★去年11月からの練習はちょっと大変でしたが、今思い出したら、それはとても貴重な想い出だと思います。(L.P)

★お稽古はいつも楽しかったです。足腰が震えて翌日には筋肉痛必至でしたが、お稽古のあと複数国の友達とお茶をするのがとても楽しみでした。本当にすてきな友人を得られました。(I.T)

★稽古は本当に面白かったです。先生のおかげでたくさん学んで、日本舞踊を通じて、日本の文化についてもっと勉強になりました。先生に本当にありがとうございました。(E.H)

★出演する前夜は先生と一緒に9時すぎまで稽古をやってきました。今日は朝起きて、もう一回自分で練習してみました。もし早稲田大学もこのような日本文化に関する大会やイベントなどを開けるといいなあと思います。(C.W)

★1ヵ月に2,3回練習しかなかったのでちょっとたいへんだった。最初ゆかたさえを着ることができなくてつらかったけど、最後にゆかたをかえしたときまたいつかゆかたを着て、踊る機会があるかなと思うと寂しかった。(B.C)

★半年間先生方や仲間に支えられ、一から勉強させていただきました。強い絆のもと、感謝の気持ちを忘れずに練習に励んでいました。(A.I)

DSC00474.JPG

▽大会後の感想について
緊張しました、あっという間に終わったという答えが多かったです。

★日本の伝統的な踊りのパフォーマンスをするのは初めてでしたので、少し緊張しました。その結果、パフォーマンス中少し間違えました。でも、日本の伝統の文化をもっと理解することができたとてもいい経験でした。半年間の練習を通し、踊りを覚えるだけではなく、一緒に踊る仲間や先生と仲良くなれました。言語と文化をお互いに紹介し、ともに素晴らしい踊りを経験しました。そして、先生にもとても感謝しております。(T.Z)

★このようなイベントを経験したのは日本で初めてです。半年がすごく早くすぎ、この期間で得たすべての最終日が今日だなんて、信じられないです。この、とても意味のあるイベントから得たものに関して、感謝といろんな感情で心がいっぱいです。とても伝統的な日本の文化、そして先生やほかのダンサーとのコミュニケーションに、とても感動しました。(W.Z)

★今日は思うより早めに終わった感じです。登場する前に、とても緊張したけど、先生が優しく励ましてくれて、だんだん落ち着くようになりました。今日楽しかったです。(C.W)

★緊張していたけど、みんなと踊って楽しかったです。先生も一生懸命に教えてくれたから、自分もがんばって踊らなければならないと思った。(B.C)

★楽しかったです!完璧に踊られなくても、皆は一生懸命がんばって、良い大会になったと思います。他のグループの踊りもちゃんと見られて良かったです。(E.G)

★楽しかったです。自分なりに頑張りました。日本舞踊でつながるようになった友達と一緒に大会に出てよかった!と思います。(Y.J)
DSC00508.JPG

出演者のみなさまアンケート協力ありがとうございました。

次回の外国人日本舞踊大会に出演希望の方は、JAPA特定非営利活動法人 日本舞踊芸術文化協会までお問い合わせください。
http://www.npo-japa.com/otoiawase.html

第7回外国人日本舞踊大会の写真をこちらをクリックしてご覧ください。
http://on.fb.me/T0xpGg

[イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012

2012年7月3日(火)~7月5日(木)小野梓記念館で実施!
世界の有力大学19校の学部生が一堂に会する国際会議を本学にて開催
UNIVERSITAS 21 Undergraduate Research Conference 2012
"Connecting to the Future" 

7.2Orientation 416.JPGのサムネール画像のサムネール画像

早稲田大学では2012年7月3~5日の日程で、国際学生会議”Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012″(URC 2012)を早稲田キャンパス27号館小野梓記念館にて開催いたしました。世界12の国/地域の19の大学から、それぞれの大学で選抜された58名の学部生が参加。本学を含む、ヨーロッパ、北米、オセアニア、アジアのトップ校から、文系・理系の様々な分野の学部生が東京・早稲田に集まり、3日間の日程で研究発表を行ない、活発な議論・意見交換がなされました。

Universitas 21(U21)は、世界の16の国/地域の有力校24大学が加盟する国際大学ネットワークで、URCは2007年より加盟校持ち回りで開催しているU21の活動のなかで最も重要なイベントのひとつ。第8回目となる今回は、日本からの唯一の加盟校である本学がホスト校を務め、早稲田からは3カ国8名の学生が発表者として参加。参加者、引率教職員、スタッフら関係者あわせて20カ国の国籍保持者が集まるという国際色豊かなカンファレンスとなりました。

また、今回のカンファレンスは学生主導カンファレンスとして位置づけられ、開催にあたって、本学学部生10名で構成される学生ボランティアグループが組織され、会議の企画・運営に携わったことも大きな特徴。学生ボランティアグループが会議運営の中心的役割を担うとともに、発表者として参加した8名の学生も積極的に会議運営のサポートに関わっていました。

この、早稲田がこれまで推進してきた国際展開の全学的浸透の一端を表した英語による学部学生主導カンファレンスは、プログラム内容・会議運営ともに海外からの参加者・引率教員の好評を博し、運営者・参加者が一体となり作り上げられた「学生の、学生による、学生のための国際会議」は、大盛況のなか閉幕いたしました。

 
 

早稲田大学の学生プレゼンターおよびポスター作成者のアンケートインタービュー


URCの感想
様々な文化や学問的なバックグラウンドをもつ沢山の生徒と会う素晴らしい機会でした。また、ほかの協議とは違って、数学・分子生物学等、幅広く学べました。
7.4Orientation 199.JPG
参加きっかけおよびテーマを選んだ理由
3/11の震災以降、「絆」という言葉はずっと私の頭の中にありました。URCのテーマはとても興味深かったので、URCで発表をすることにしました!自分のプレゼンテーションで、「絆」の考えを次のレベルに持っていきたかったのです。日本国内の社会レベルだけではなく、国際社会のレベルで、日本の政府と国民がどうすれば周りのアジアの国々と良い絆を保てるか、答えを見つけたかったです。
(K.L)


URCの感想
ほかのフィールドについて学ぶだけではなく、ほかのプレゼンターのプレゼンテーションスキルが私の今後の仕事へのヒントを与えてくれました。また、早稲田で準備を整え、参加する前にこのようなレベルの高いリサーチとプレゼンテーションスキルを持つ必要性を感じました。
7.4Orientation 141.JPG
参加きっかけおよびテーマを選んだ理由
最初は実はプレゼンテーションをしたかったのですが、ポスターで選ばれてうれしいです。なぜなら、私のリサーチの流れとバックグラウンドを一つの画像として表現できたからです。このタイトルは、U21 2012のテーマを考慮し、私のリサーチがどうやったら国際社会に貢献できるか考えながら選びました。
(K.I)


URCの感想
非常に多岐に渡るテーマに関するプレゼンが聞けて良かった。また一緒に参加者と意見交換、交遊を深められ有意義だった。
7.4Orientation 137.JPG
参加きっかけおよびテーマを選んだ理由
自分の研究を発表する場が学部生にあまりなかったので。核不拡散と東アジア安全保障という2つの興味がOverlapするテーマだったから。安全の確保という国家の第一義的な仕事を検討することなしに、未来を描くことができないから。
(K.N)


本件に関するお問合せ:
早稲田大学国際部
TEL: 03-3203-7747 FAX: 03-3202-8583
E-mail: urc2012@list.waseda.jp
U21について
Universitas 21
http://www.universitas21.com/

黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について

k.k.jp.jpg

 


日本への留学は、アジアや世界を学ぶことにつながる。

日本の大学は、アジアへのゲートウェイである―
ジョージタウン大学の政治学者である、マイケル・グリーンさんの言葉です。留学先として見たときに、日本はその役割を担っていると私も強く感じています。
海外からの日本の大学や大学院への留学、近年、その意義は多様化しています。日本はアジア諸国と密接なつながりを持ち、アジア圏外の人たちから見ると「アジアのゲートウェイ」という位置付け。一方でアジア圏の人たちにとっては、日本から自国を見ることによって、歴史や日本との関わりなどについて複眼的な視点を養うことができます。つまり、日本はアジア全体を知る上で大きなアドバンテージのある場所であるといえると思います。 また、アジアは世界的に見ても人口の増加やGDP伸びが著しく、将来的にその存在感はますます大きくなっていく地域。今や世界情勢はアジアを抜きにして語ることはできず、その動向を日本で学ぶことはグローバルな問題を学ぶことにも直結します。
もちろん、日本文化理解という観点での留学も非常に大切です。しかし、それだけでなく、日本は地球的規模の課題を世界中の人々が共に学ぶためのフィールドになっています。このように、「日本」「アジア」「グローバル」の3つを学ぶことができるのが、日本の高等教育の大きな特徴なのです。

年々向上し続ける、外国人学生のサポート体制。

日本が現在推進している、2020年を目途に30万人の留学生の受け入れを目指すプロジェクト『グローバル30』。そのグローバル30を採択する13大学の一つが、私が教鞭を執る早稲田大学で、現在、世界各国から約4200名の外国人学生が学んでいます。将来的には、8000名以上の留学生受け入れを目標としています。日本の国際化をリードしている早稲田大学では大学院はもちろん学部レベルでもいち早く英語化を進めており、2004年に開設された国際教養学部ではほとんどの授業を英語で実施。その他の学部でも、同様に英語プログラムがスタートしています。
また、生活面も徹底してサポートしています。国際部門には、英語をはじめとした他国の言語を習得した職員を多数配置しており、住居の整備も積極的に行い、最近では東京の都心部に英語ができるスタッフが常駐する大規模な学生寮を建設しました。『グローバル30』の大学はもちろん、他大学においても、外国人学生が安心して勉学に取り組める環境は、年々整えられており、日本の留学はよりボーダレスなものになっていくでしょう。

世界中で活躍する日本留学経験者たち。

早稲田で学んだ留学生は、卒業後、世界中で顕著な活躍ぶりを見せています。例えば自国の国会議員として国家の繁栄に尽力されている方や、日本語の能力や日本に関する知識を活かして駐日大使として日本に戻って来られた方、さらには留学中に母国の文学賞を受賞された方もいらっしゃいます。もちろん、日本企業に就職しビジネスの分野でグローバルに活躍されている人も多数。日本では数多くの大学が留学生を受け入れていますが、卒業の進路として日本企業への就職に力を入れている大学もあれば、国際機関などグローバルリーダーとしての活躍を期待している大学もあります。また近年は、グローバル事業への参入や拡大に伴い、他国籍の留学生を積極的に受け入れる企業も増えています。このように、政治や行政、ビジネス、文化、芸術など、在学中の学びの選択肢や卒業後の活躍の選択肢が多いことも、日本で学ぶ魅力の一つなのです。

日本へ留学することで身につけて欲しい力。

日本で学んでいる留学生に対して私が期待していることは、3つの「C」に集約されます。一つ目は「Competitiveness」。政治や経済で国際的に激しい競争が起こっている昨今、グローバル社会の中で前進していくためには、語学力や異文化の中でのサバイバル能力など 世界で通用する競争力が必要だと思っています。二つ目は「Cooperativeness」で、異なる文化の人たちとお互いに理解しあい、協力していくことも世界で活躍する上では重要なスキル。そして三つ目が「Contribution」。単に競争力が高いだけでなく、自分の持てる力を周囲の人のために使い、世界の繁栄や安定に貢献してこそ真の国際人だと私は考えます。
日本の高等教育は、今まさにドラスティックな変化を遂げています。英語プログラムの充実や秋入学の実施、ダブルディグリー・プログラムの推進など、それらはまさに留学生にとって実りある学びを実現するためのイノベーション。日本は学問の自由が憲法によって保障され、世界的に見て教育水準も高いことは明らかです。こうした環境で学ぶことは、非常に大きな価値のあることだと思います。このような環境で3つの「C」を身に付けて、世界を視野に入れて活躍することを志す方には、自信を持って日本への留学をお勧めします。


The Ministry of Foreign Affairs of Japan
Study in Japan より転載
http://www.studyjapan.go.jp/interview/jp/univ_01/index.html

 

Top of page