Blog

カレンダー

<<  May 2012  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~


Seattle2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

Profile
氏名:池津 祐樹(いけつ ゆうき)
早稲田大学在籍期間:2007年4月~
早稲田大学での所属:国際教養学部6年
趣味:旅行
 
 
珍 しいかもしれませんが、僕は就活がとても楽しかったです。今まで自分が考えてきたことや学んできたことがどの程度社会の中で受け入れられるのか、挑戦でき ることにわくわくしました。苦労がなかったというと嘘になりますが、僕にとって自分が社会に出て何をやりたいか、どのような影響を与えたいかを考えること はとても楽しいことでした。たくさんの人と出会い、新たな知識を吸収し、大いに成長できたと思っています。そこでこの場をお借りして、僕が何を考え、どの ような就活をしたか簡単にご紹介したいと思います。
 

【就活結果】
 
内定先:人材系
プレエントリー:100社以上、業界・規模問わず多数のセミナーに参加
ES提出:22社、外資メーカー、素材メーカー、人材、教育など
ES通過:15社
内々定:2社
 

【大まかなスケジュール】
 
7・8月:IT企業のインターンに応募、参加。
9月:旅行とバイトに明け暮れる。就活は特にせず。
10月:主に外資系企業の説明会に参加。
11月:最初のES提出、撃沈。
12月:日経大手企業の説明会が一斉開始、予約戦争。バイト休止。
1月:ボランティア団体のイベントと外資メーカーのES提出を並行、激務。
2月:連日説明会やベンチャー企業の選考に参加。外資メーカーのインターンに参加。
3月:外資・ベンチャーの選考ピーク。3月末に初の内々定をいただく。
4月:上旬に第一志望企業に内定。残りの選考を全て辞退し、無事就活終了。
 

【就活で大事だと思うこと】
 
* 自己分析:就活で大事なことはたくさんありますが、やはり1番は自己分析だと思います。それも、大学時代だけではなく、幼少期や小学校時代まで遡ることが ポイントだと思います。今の自分の価値観は昔の体験の上に成り立っているので、記憶に残っている印象的な出来事を分析してみると、自分が何を考えどう変化 していったのか見えてくると思います。「自分の年表をつくるといい」と言われますが、やってみてこれはなかなか効果的だったと思います。また、自己分析は 1回やって終わりではなく、時間を置いて何度も行うことが重要だと思います。例えば僕の場合、最初は自分が何をやりたいのかはっきりしませんでした。そこ で説明会に参加する度に、「つまらないな」と感じたことがあったら、なぜそう感じるのかを分析し、消去法で徐々に興味のある分野を絞っていきました。やり 方は人それぞれだと思いますが、新しい情報を得る度に自分を振り返ってみるといいと思います。ちなみに僕は自己分析をずっとワードに書き連ねていたんです が、今見てみると2万字を超えていました。卒論にしたいくらいです。
 
* 自分で判断する:就活は本当に様々な情報が溢れかえっています。リクナビなどの就活サイトはたくさんあるし、友達から聞いた話、先輩の体験談など、洪水の ように情報は流れてきます。そんな中で、人から聞いた話は過信してはいけないと思います。あくまで自分で調べたもの、それもネットではなく、実際に社会人 と話して得た情報に重きを置くべきです。先輩の言う「あそこはブラック企業だ」という話を真に受けて、一度も見ないのはもったいないです。自分で行動し、 そこで得た情報を整理し、自分で方針を決める。周りを見ても、この姿勢を持つか持たないかで結構明暗がわかれているような気がします。もちろん友達との情 報交換は貴重ですし、社員は会社の綺麗な面しか言ってくれなかったりするので、そういったことも含めて何を信じるか自分で判断する力が必要です(なので、 僕が書いていることもあまり信用しないでくださいね)。
 
* 型にはまらない:世の中には就活のマニュアル本がたくさんありますが、企業側はそうした本で対策をしている学生をすぐ見破れるそうです。知り合ったある人 事の方は、「面接対策の本は全て読んで頭に叩き込み、学生の回答をこいつは〇〇社のあの本を読んできたな、と分類する」と言っていました。これは極端な例 かもしれませんが、髪型や服装、話し方などは意外とそんなに気にされていないように感じました(もちろん業界や企業にもよると思いますが)。僕は面接で 「私」というのに慣れなくて、途中から「僕」で通したのですが、そのことについて指摘を受けたことはありませんでした。就活というのは画一的になりがちな ので、人と違うことをすればそれだけで目立てます。本を読むなら、「売れる営業マンがしている工夫」みたいなものを読んで、そこから何か就活で応用できる ものがないか探したりするのがいいんじゃないでしょうか。僕は第一志望の企業にどうしても行きたかったので、リクルーターの方に自分で作った自己PRと志 望動機の資料を使ってプレゼンしたりしました。それがどれくらい効果的だったのかはわかりませんが、結果的に内定をいただくことができたので、やってマイ ナスになったことはないと思います。自分を出し切ることができれば、例え落ちてしまってもすっきりできると思います。
 
長くなりましたが、以上が僕の就活の簡単なまとめになります。
 
最 後にひとつ付け加えると、人との出会いは絶対に大切にした方がいいと思います。縁とは不思議なもので、ひとつの出会いからいつどんな形で何が生まれるかわ かりません。例えば自分が選考を辞退した企業が、入社後取引先になることだってあります。適当な断り方をすれば、いつか必ず自分の身に跳ね返ってきます。 就活中は本当にたくさんの人と出会えるので、豊かな社会人生活を送るためにも、ひとつひとつの出会いを大切にしていきたいと思いました。大変なことはたく さんあると思いますが、この記事が少しでもこれから就職活動を始める方々の役に立てば幸いです。
 

【必需品】
 
今年度から一般的に12月から就活が解禁になり、短い期間でたくさんのセミナーに参加しなければならなかったのは大変でした。人気企業ともなると説明会受付開始と同時にアクセスしても予約が取れるかわからない状況で、まるでアイドルのコンサートの予約みたいでした。
 
* スマホ:これなしでは考えられませんでした。大手企業の説明会は受付開始のメールが来ると同時にアクセスしないと一瞬で満席になってしまうので、どこでも ネットが使えるスマホは大変便利でした(ガラケーだとアクセスできないサイトもあります)。また、方向音痴の僕にはマップ機能にも何度も助けられました。 これから就活を始める方は、絶対スマホを使ったほうがいいと思います。また、予約する際にアンケートなどを記入しなければならない場合もあるので、タブ レットがあるとなおよかったかもしれません。
 
* 携帯の予備バッテリー:就活解禁になると、複数の就活サイトに登録していると1日60通近くメールが届いたりします。受信するだけで相当バッテリーが消耗 するので、予備のバッテリーはあった方がいいと思います。目当ての企業のセミナーが予約受付開始したのにバッテリー切れ・・なんてことになったら悔しい思 いをします(体験談)
 

 
就活中出会った本.JPG
Top of page