Blog

カレンダー

<<  May 2012  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~

pic1.png

Profile
氏名:鈴木 砂波 (すずき さなみ) 
早稲田大学在籍期間:2009年9月~
早稲田大学での所属:国際教養学部 3年
 

私の就職活動スケジュール
2011年7月:インターンシップ参加開始。様々な業界のインターンシップに参加する。
2011年9月:合同説明会が始まる。
2011年12月:就活解禁!一気に企業の説明会やセミナーが始まる。
2012年2月:大手企業へのエントリーが本格化。2月の後半がエントリーシートピーク!
2012年3月:選考(筆記試験、面接等)開始
2012年4月:内々定

 
内定先
外資系の食品メーカー
 

【働くことへの想い】
9月に国際教養学部に入学した私が入学時に決断したことは、「留学に行くかわりに早期卒業をする!」なぜか?18年間外国に滞在し、5カ国を転々としてきた私は自信を持って日本人だと言えなかった。だからこそ「一刻も早く社会人になって自分の存在価値を高めたい」と思った。こんな気持ちを抱いて私は就職活動を迎えた。

【「就職解禁」!説明会、そしてESラッシュ!】
優柔不断な私はやりたい事を見つけるのに時間がかかるだろうな、と確信していた。そのため、7月からインターンシップに参加して仕事の理解を深めていった。教育からコンサルティング、旅行会社・・・色々と参加した。しかし、この段階で志望業界を絞ることはできなかった。そんなこんなで迎えた9月。日系企業の合同説明会が始まり、私は名を知っている大手企業ばかりを見てまわった。12月に一気に日系の会社説明会やセミナーなどが始まり、私はとりあえず約150社にエントリー。2月にエントリーシート(ES)ラッシュが訪れ、毎日3枚は書く日々。ちなみに、私ははじめ、就活に対して強気だった。日本の市場の飽和により企業は海外に展開。だからこそ自分が海外経験で培った能力は絶対に活かせると確信していた。就活を甘く捉えていたと気づいたのは3月だった。

【欠点】
海外での経験もあってか、ESと1次面接はトントン拍子で通過。しかし、2次面接では必ず聞かれるある質問に常に戸惑いを感じてしまっていた。「志望動機」だ。1次面接では今まで努力してきた事、能力について問われるが、2次面接では「本当にこの会社なのか」を確認しにくる事が多い。ここで、私はいつもこけてしまっていた。完全に就活のための着飾った私で志望動機を話していた。心がこもっていないからこそ熱意も伝わらない。色んな企業を受けているからこそ知識が乏しく、他社との差別化も言えない。2次面接で落とされてしまう事態が続き、戸惑ってしまった。

【自分を構成】
こんな時に、ある会社のリクルーターの方と出会った。インターンシップやセミナーなどでお世話になっていた会社だったが、色々と就活に対しての不安を聞いてくださった。彼と話していくうちに、自分の事をどれだけ理解していなかったのかを思い知らされた。これをきっかけに、もう一度仕切り直し、自分の過去について掘り下げた。具体的な内容は長すぎるため書けないが、そこから「日本を活性化したい」という目標が浮かび上がった。このおかげで、2次面接、最終面接へと進む事ができた。自分という人間について考え、将来やりたい事に繋げる大切さというのを理解できた。

【迷い】
私の就活は4月26日に終わった。この日は私にとって忘れる事のできない日だろう。最終的に、私は2社と迷った。食品メーカーとリクルーターの方でお世話になったコンサルティング。まるで異なる業界だが、私の中では筋が通っていた。人々の日々の生活に貢献し、世界中にも届ける事のできる食品と日本の企業を真の意味で変革するコンサル。どちらも「日本活性化」は可能だ。この時、私は一人の社員として、働いているイメージをしてみた。社員の方から感じた社風、仕事内容などを比べたが、それでも迷った。最後には、『勘』に頼った。「なんと非常識な選び方を」と思われるかもしれないが、「勘」というものは信頼できると思う。比べられるものを比べてもまだ迷っていたら、頼れるものはもう勘しかないのだから。26日に私は外資系の食品メーカーに決断した。9カ月に及んだ私の就活は幕を閉じた。

【振り返って】
やっている最中は辛いという想いが強かった。自分を理解してもらえない悔しさ、周りが決まりだした時の慌てる気持ち。それでも、就活は私にとって本当に『成長』そのものだった。成長と書くと茶番に聞こえるが、本当にそうなのだ。自分の考えを言語化できるようになり、論理的に話せるようになった。自分に対しての新たな発見をする事もできた。就活中に気づいた事が、自己分析とは自分を振り返るのではなく、「自分を創る事」。就活前に自分の事を理解して突き進める人もいるが、私は、大半の人は就活を通して自分を理解していく事の方が圧倒的に多いと思う。もう一つ就活の特権は『出会い』だ。リクルーターの方の存在は私にとって本当に大きかったし、今でも心の底から感謝している。その他にも就活で出会った友達、人事の方、にもとても感謝している。

【メッセージ】
これだけは大切にしてほしいです。自信を保ち続ける事。もちろん、選考に落ちてしまう企業もあるだろう。その時、自分を責めてしまう事があるかもしれない。しかし、企業は利益を得るのが目標のため、採用は戦略の一つとして捉えている。その年に採用する人の人数やタイプなどをあらかじめ決めている企業もある。そのため、落ちたからって「認められなかった」と思う必要は全くない。自信を持ってください。そして、自己を構成してください。熱くなれる仕事、環境を探してください。壁にぶちあたって迷ってください。人に相談してください、自分の決断を信用してください。皆様が「ここだ!」と言える企業と出会えますように。

pic2.png

pic3.png

Top of page