Blog

カレンダー

<<  May 2012  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:May, 2012

就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~


Seattle2.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

Profile
氏名:池津 祐樹(いけつ ゆうき)
早稲田大学在籍期間:2007年4月~
早稲田大学での所属:国際教養学部6年
趣味:旅行
 
 
珍 しいかもしれませんが、僕は就活がとても楽しかったです。今まで自分が考えてきたことや学んできたことがどの程度社会の中で受け入れられるのか、挑戦でき ることにわくわくしました。苦労がなかったというと嘘になりますが、僕にとって自分が社会に出て何をやりたいか、どのような影響を与えたいかを考えること はとても楽しいことでした。たくさんの人と出会い、新たな知識を吸収し、大いに成長できたと思っています。そこでこの場をお借りして、僕が何を考え、どの ような就活をしたか簡単にご紹介したいと思います。
 

【就活結果】
 
内定先:人材系
プレエントリー:100社以上、業界・規模問わず多数のセミナーに参加
ES提出:22社、外資メーカー、素材メーカー、人材、教育など
ES通過:15社
内々定:2社
 

【大まかなスケジュール】
 
7・8月:IT企業のインターンに応募、参加。
9月:旅行とバイトに明け暮れる。就活は特にせず。
10月:主に外資系企業の説明会に参加。
11月:最初のES提出、撃沈。
12月:日経大手企業の説明会が一斉開始、予約戦争。バイト休止。
1月:ボランティア団体のイベントと外資メーカーのES提出を並行、激務。
2月:連日説明会やベンチャー企業の選考に参加。外資メーカーのインターンに参加。
3月:外資・ベンチャーの選考ピーク。3月末に初の内々定をいただく。
4月:上旬に第一志望企業に内定。残りの選考を全て辞退し、無事就活終了。
 

【就活で大事だと思うこと】
 
* 自己分析:就活で大事なことはたくさんありますが、やはり1番は自己分析だと思います。それも、大学時代だけではなく、幼少期や小学校時代まで遡ることが ポイントだと思います。今の自分の価値観は昔の体験の上に成り立っているので、記憶に残っている印象的な出来事を分析してみると、自分が何を考えどう変化 していったのか見えてくると思います。「自分の年表をつくるといい」と言われますが、やってみてこれはなかなか効果的だったと思います。また、自己分析は 1回やって終わりではなく、時間を置いて何度も行うことが重要だと思います。例えば僕の場合、最初は自分が何をやりたいのかはっきりしませんでした。そこ で説明会に参加する度に、「つまらないな」と感じたことがあったら、なぜそう感じるのかを分析し、消去法で徐々に興味のある分野を絞っていきました。やり 方は人それぞれだと思いますが、新しい情報を得る度に自分を振り返ってみるといいと思います。ちなみに僕は自己分析をずっとワードに書き連ねていたんです が、今見てみると2万字を超えていました。卒論にしたいくらいです。
 
* 自分で判断する:就活は本当に様々な情報が溢れかえっています。リクナビなどの就活サイトはたくさんあるし、友達から聞いた話、先輩の体験談など、洪水の ように情報は流れてきます。そんな中で、人から聞いた話は過信してはいけないと思います。あくまで自分で調べたもの、それもネットではなく、実際に社会人 と話して得た情報に重きを置くべきです。先輩の言う「あそこはブラック企業だ」という話を真に受けて、一度も見ないのはもったいないです。自分で行動し、 そこで得た情報を整理し、自分で方針を決める。周りを見ても、この姿勢を持つか持たないかで結構明暗がわかれているような気がします。もちろん友達との情 報交換は貴重ですし、社員は会社の綺麗な面しか言ってくれなかったりするので、そういったことも含めて何を信じるか自分で判断する力が必要です(なので、 僕が書いていることもあまり信用しないでくださいね)。
 
* 型にはまらない:世の中には就活のマニュアル本がたくさんありますが、企業側はそうした本で対策をしている学生をすぐ見破れるそうです。知り合ったある人 事の方は、「面接対策の本は全て読んで頭に叩き込み、学生の回答をこいつは〇〇社のあの本を読んできたな、と分類する」と言っていました。これは極端な例 かもしれませんが、髪型や服装、話し方などは意外とそんなに気にされていないように感じました(もちろん業界や企業にもよると思いますが)。僕は面接で 「私」というのに慣れなくて、途中から「僕」で通したのですが、そのことについて指摘を受けたことはありませんでした。就活というのは画一的になりがちな ので、人と違うことをすればそれだけで目立てます。本を読むなら、「売れる営業マンがしている工夫」みたいなものを読んで、そこから何か就活で応用できる ものがないか探したりするのがいいんじゃないでしょうか。僕は第一志望の企業にどうしても行きたかったので、リクルーターの方に自分で作った自己PRと志 望動機の資料を使ってプレゼンしたりしました。それがどれくらい効果的だったのかはわかりませんが、結果的に内定をいただくことができたので、やってマイ ナスになったことはないと思います。自分を出し切ることができれば、例え落ちてしまってもすっきりできると思います。
 
長くなりましたが、以上が僕の就活の簡単なまとめになります。
 
最 後にひとつ付け加えると、人との出会いは絶対に大切にした方がいいと思います。縁とは不思議なもので、ひとつの出会いからいつどんな形で何が生まれるかわ かりません。例えば自分が選考を辞退した企業が、入社後取引先になることだってあります。適当な断り方をすれば、いつか必ず自分の身に跳ね返ってきます。 就活中は本当にたくさんの人と出会えるので、豊かな社会人生活を送るためにも、ひとつひとつの出会いを大切にしていきたいと思いました。大変なことはたく さんあると思いますが、この記事が少しでもこれから就職活動を始める方々の役に立てば幸いです。
 

【必需品】
 
今年度から一般的に12月から就活が解禁になり、短い期間でたくさんのセミナーに参加しなければならなかったのは大変でした。人気企業ともなると説明会受付開始と同時にアクセスしても予約が取れるかわからない状況で、まるでアイドルのコンサートの予約みたいでした。
 
* スマホ:これなしでは考えられませんでした。大手企業の説明会は受付開始のメールが来ると同時にアクセスしないと一瞬で満席になってしまうので、どこでも ネットが使えるスマホは大変便利でした(ガラケーだとアクセスできないサイトもあります)。また、方向音痴の僕にはマップ機能にも何度も助けられました。 これから就活を始める方は、絶対スマホを使ったほうがいいと思います。また、予約する際にアンケートなどを記入しなければならない場合もあるので、タブ レットがあるとなおよかったかもしれません。
 
* 携帯の予備バッテリー:就活解禁になると、複数の就活サイトに登録していると1日60通近くメールが届いたりします。受信するだけで相当バッテリーが消耗 するので、予備のバッテリーはあった方がいいと思います。目当ての企業のセミナーが予約受付開始したのにバッテリー切れ・・なんてことになったら悔しい思 いをします(体験談)
 

 
就活中出会った本.JPG

就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~

pic1.png

Profile
氏名:鈴木 砂波 (すずき さなみ) 
早稲田大学在籍期間:2009年9月~
早稲田大学での所属:国際教養学部 3年
 

私の就職活動スケジュール
2011年7月:インターンシップ参加開始。様々な業界のインターンシップに参加する。
2011年9月:合同説明会が始まる。
2011年12月:就活解禁!一気に企業の説明会やセミナーが始まる。
2012年2月:大手企業へのエントリーが本格化。2月の後半がエントリーシートピーク!
2012年3月:選考(筆記試験、面接等)開始
2012年4月:内々定

 
内定先
外資系の食品メーカー
 

【働くことへの想い】
9月に国際教養学部に入学した私が入学時に決断したことは、「留学に行くかわりに早期卒業をする!」なぜか?18年間外国に滞在し、5カ国を転々としてきた私は自信を持って日本人だと言えなかった。だからこそ「一刻も早く社会人になって自分の存在価値を高めたい」と思った。こんな気持ちを抱いて私は就職活動を迎えた。

【「就職解禁」!説明会、そしてESラッシュ!】
優柔不断な私はやりたい事を見つけるのに時間がかかるだろうな、と確信していた。そのため、7月からインターンシップに参加して仕事の理解を深めていった。教育からコンサルティング、旅行会社・・・色々と参加した。しかし、この段階で志望業界を絞ることはできなかった。そんなこんなで迎えた9月。日系企業の合同説明会が始まり、私は名を知っている大手企業ばかりを見てまわった。12月に一気に日系の会社説明会やセミナーなどが始まり、私はとりあえず約150社にエントリー。2月にエントリーシート(ES)ラッシュが訪れ、毎日3枚は書く日々。ちなみに、私ははじめ、就活に対して強気だった。日本の市場の飽和により企業は海外に展開。だからこそ自分が海外経験で培った能力は絶対に活かせると確信していた。就活を甘く捉えていたと気づいたのは3月だった。

【欠点】
海外での経験もあってか、ESと1次面接はトントン拍子で通過。しかし、2次面接では必ず聞かれるある質問に常に戸惑いを感じてしまっていた。「志望動機」だ。1次面接では今まで努力してきた事、能力について問われるが、2次面接では「本当にこの会社なのか」を確認しにくる事が多い。ここで、私はいつもこけてしまっていた。完全に就活のための着飾った私で志望動機を話していた。心がこもっていないからこそ熱意も伝わらない。色んな企業を受けているからこそ知識が乏しく、他社との差別化も言えない。2次面接で落とされてしまう事態が続き、戸惑ってしまった。

【自分を構成】
こんな時に、ある会社のリクルーターの方と出会った。インターンシップやセミナーなどでお世話になっていた会社だったが、色々と就活に対しての不安を聞いてくださった。彼と話していくうちに、自分の事をどれだけ理解していなかったのかを思い知らされた。これをきっかけに、もう一度仕切り直し、自分の過去について掘り下げた。具体的な内容は長すぎるため書けないが、そこから「日本を活性化したい」という目標が浮かび上がった。このおかげで、2次面接、最終面接へと進む事ができた。自分という人間について考え、将来やりたい事に繋げる大切さというのを理解できた。

【迷い】
私の就活は4月26日に終わった。この日は私にとって忘れる事のできない日だろう。最終的に、私は2社と迷った。食品メーカーとリクルーターの方でお世話になったコンサルティング。まるで異なる業界だが、私の中では筋が通っていた。人々の日々の生活に貢献し、世界中にも届ける事のできる食品と日本の企業を真の意味で変革するコンサル。どちらも「日本活性化」は可能だ。この時、私は一人の社員として、働いているイメージをしてみた。社員の方から感じた社風、仕事内容などを比べたが、それでも迷った。最後には、『勘』に頼った。「なんと非常識な選び方を」と思われるかもしれないが、「勘」というものは信頼できると思う。比べられるものを比べてもまだ迷っていたら、頼れるものはもう勘しかないのだから。26日に私は外資系の食品メーカーに決断した。9カ月に及んだ私の就活は幕を閉じた。

【振り返って】
やっている最中は辛いという想いが強かった。自分を理解してもらえない悔しさ、周りが決まりだした時の慌てる気持ち。それでも、就活は私にとって本当に『成長』そのものだった。成長と書くと茶番に聞こえるが、本当にそうなのだ。自分の考えを言語化できるようになり、論理的に話せるようになった。自分に対しての新たな発見をする事もできた。就活中に気づいた事が、自己分析とは自分を振り返るのではなく、「自分を創る事」。就活前に自分の事を理解して突き進める人もいるが、私は、大半の人は就活を通して自分を理解していく事の方が圧倒的に多いと思う。もう一つ就活の特権は『出会い』だ。リクルーターの方の存在は私にとって本当に大きかったし、今でも心の底から感謝している。その他にも就活で出会った友達、人事の方、にもとても感謝している。

【メッセージ】
これだけは大切にしてほしいです。自信を保ち続ける事。もちろん、選考に落ちてしまう企業もあるだろう。その時、自分を責めてしまう事があるかもしれない。しかし、企業は利益を得るのが目標のため、採用は戦略の一つとして捉えている。その年に採用する人の人数やタイプなどをあらかじめ決めている企業もある。そのため、落ちたからって「認められなかった」と思う必要は全くない。自信を持ってください。そして、自己を構成してください。熱くなれる仕事、環境を探してください。壁にぶちあたって迷ってください。人に相談してください、自分の決断を信用してください。皆様が「ここだ!」と言える企業と出会えますように。

pic2.png

pic3.png

ピアノライン~シアトル留学記~

 Seattle2.jpgのサムネール画像

Profile
氏名:池津 祐樹(いけつ ゆうき)
早稲田大学在籍期間:2007年4月~
早稲田大学での所属:国際教養学部6年
留学先:ワシントン大学(アメリカ・ワシントン州シアトル)

 

2010年9月から約1年間、僕はアメリカ西海岸最北の州であるワシントン州の、シアトルという街に留学していました。当時大学4年生だった僕にとって、留学をすることは大きな決断でした。留年することや就活への不安も多少はあったのですが、海外で自分の力を試すチャンスはもうないかもしれないという思いが、一度は断念した留学へ僕を駆り立てました。

「留学をする」ことは何が良いのでしょう。僕は現在学部6年生ですが、幸い複数の企業から内定をいただくことができ、充実した日々を過ごしています。その全てが留学のおかげだ、というのは言い過ぎかもしれませんが、あのとき留学をする決断をしなければ今の自分はなかったのではないかと思います。

留学前と今とで何が一番変わったのかというと、それは「自分の人生に自分で責任を持つ姿勢」だと思います。僕は2歳から中学卒業までの間に、3ヶ国に合計10年ほど住んでいました。こう話すと多くの人は僕のことを立派なグローバル人材だと思ってくれるのですが、以前はそう言われることに対して少なからず納得のいかない部分がありました。なぜなら、その当時は海外に住むことに対して自分の意思は全くなく、親に連れられるがままあちこち渡り歩いていただけだという気がしていたからです。

僕の留学は、自分のアイデンティティについて、海外で暮らすことについて、そしてグローバル人材としての資質について、自分自身に決着をつけるためのものでした。

そんな僕にとって留学中の一番大切な思い出は何かというと、平凡ですが友人たちと一緒に過ごした時間です。

僕の留学中の忘れられない思い出、それは友人の寮の談話室で、何時間も他愛の無いお喋りに花を咲かせていたときのものです。$1で買ったとてつもなく大きなアイス(アメリカン!)をみんなで分け合い、いつも飽きることなく何時間も話し続けました。僕たちは部屋の片隅のソファに陣取り、周りでは他の学生たちが思い思いのことをしていました。同じように談笑している人達もいれば、勉強をしている人や読書をしている人もいました。そして、そこではいつも誰かがピアノを弾いていました。僕の知らないメロディは静かに部屋の中に響き、まるでお洒落な喫茶店にでもいるような気分になったものです。

Seattle3.jpg

談話室で友人たちと一緒に

 こんな日常の何気ないシーンが、今になってとても幸せな時間だったと感じます。留学中には日本ではできない様々な体験をしました。到着2週間でカナダに旅行をしたり、ハロウィンではいい歳をして仮装をしてみたり、二度もイチローの試合を見たり、テスト前は10時間くらい図書館で勉強していたのも良い思い出です。だけど、今留学を振り返ってみて、なぜか一番思い出すのはあの談話室の風景なのです。

留学を通してもうひとつ学んだこと、あるいは再確認したことは、人と人との繋がり、絆についてです。留学は、人は一人では生きていけないという、そんな当たり前のことを気付かせてくれる貴重な機会だと思います。未知の環境で自分を支えてくれるもの、それは家族や友人の温かい言葉であったり、ときに優しく、ときに厳しく導いてくれる教授の存在であったりすると思います。僕はシアトルで、どれだけ高い目標を持っていても、誰かの助けなくしてそれを達成することは難しく、同時に一人で頑張ることは虚しいことだとも感じました。あの街で僕と関わってくれた全ての人たちへの感謝を、僕は生涯忘れることはないでしょう。

これを読んでいる方の中にもしこれから留学することを考えている方がいたら、覚えておいてほしいことがひとつあります。それは、留学をするだけで何かが変わることはない、ということです。大切な思い出や自信、経験というものは向こうからやってくるものではなく、毎日少しずつ積み上げていくものです。どんな瞬間の何が大切だったのかは、振り返って初めて分かることであって、その渦中にいるときは意外と気付かないものだと思います。だから、どんな瞬間も逃さないように、ひとつの出会い、ひとつの努力、ひとつの涙を大切にしてください。

毎日を120%楽しむこと。それが、留学を120%有意義に過ごす秘訣ではないでしょうか。全力とは何か、そして何を成功と呼ぶか、決めるのはあなたです。留学に正解はありません。自分がやりたいことを、やりたいだけチャレンジしてみてください。恐れることは何もありません。自分が望めば、そして行動すれば、僕たちは何にだってなれるし、どんなことだって実現できるのです。そう心から信じること、それが自分の人生に責任を持つことだと僕は今強く思っています。

余段ですが、当時仲の良かった友人たちとは、今でもスカイプを通じてやりとりをしています。便利な世の中になったもので(なんて言うと6年生はジジくさいと思われるかもしれませんが)、僕たちは望めばいつだって繋がっていられます。みんなで日時を示し合わせ、僕は時間の5分まえくらいには待ちきれずにスカイプを立ち上げ待機しています。アメリカ人のわりに時間を守る(と言ったら失礼ですが)友人たちは、すぐに続々とやってきます。そして、一言。その瞬間、僕たちはいつでもあの談話室に戻れるのです。アイスを食べながら語り合った、誰かの奏でるピアノが静かに響く、あの談話室へ。あの日の僕たちの思い出は、これから先ずっと僕のことを励まし、奮い立たせてくれるでしょう。

Top of page