Blog

カレンダー

<<  March 2012  >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

OECDインターンシップ 体験レポート

 win20120306a.jpg

                               

Profile                                                                                           
氏 名:ビン・ナリ                                                                                                   
国 籍:韓国
早大在籍期間の所属:アジア太平洋研究科
早大在籍時の:2010年9月-2012年8月
早大在籍時の資格:留学生 修士課程2年
早大在学時専門分野:開発経済学
早大在籍時の指導教授:不破信彦 教授


早稲田大学とOECDのインターンシッププログラムを通じて、2011年10月10日から12月1日まで、OECDのDevelopment Co-operate Directorate (DCD)においてインターンとして働かせて頂きました。DCDは発展途上国の発展を支援するために多様な国家間のパートナシップを図ると同時に、支援金額やサポート方法に関して最善の政策を提案する目的のために設立された部署です。私が OECDの多くの部署の中からDCDを志望した理由は2011年11月29日から12月1日まで開かれたthe 4th High Level Forum on Aid Effectiveness (HLF-4※)というフォーラムの準備に参加したいと考えたからです。 HLFは発展途上国の支援問題について論議する会議の中で最も規模が大きい権威のある国際会議です。開発問題に深い関心を持っている私はためらうことなしに DCDを選びました。幸いにもHLFは韓国の釜山で開催される予定であり、私が韓国人だということもあり、5月頃に早速DCD側から連絡が来まして、10月からインターンをするようになりました。(私が10月からインターンをするようになったのはMEXT奨学生として2ヶ月間しかインターンができないということで、HLF-4が終わる12月1日に合わせてインターンを終わらせるためです。ただ、一つの助言として言いますと、将来OECDのコンサルタントとして働きたいと思う方は6カ月ぐらいの長いインターン期間を持って自分のチームが発行するレポートや資料の完成に貢献することをお勧めします。)

インターン期間中の私の正式タイトルはCommunication Specialistでした。公式的には DCD全体チームに協力するCommunication Team (本来は DCDが発行するすべてのレポート及び発行物の校正、デザイン及び宣伝を担当するチームですが、HLF-4に関しては HLF-4 関連ロゴ、宣伝、発行、メディア及びコミュニケーションを担当したチームです。)の所属でしたが、実際の仕事ではAid Quality & Architecture Division (AQuA)というチームとも多くの関連がありました。というのもAQuAチームが実際に韓国政府とともに HLF-4に関するほとんどの準備を担当したチームだったからです。
バン・ギムン国連総長やヒラリー・クリントンアメリカ国務長官など名声があり高い職級の人々が参加する大規模会議を準備するためにチームの皆が非常に忙しかった時期に、私がチームの一員として少しだけでも寄与できたことに関してはとてもやりがいのあった経験だったと思います。私が担当した仕事は会議当日まではDCDによって発行されたHLF関連レポートの要約、整理及びデータの調査、会議に参加する国際機関と様々な機関との連絡及び質問に関する返事、HLFのe-library プロジェクトの担当、韓国政府とコミュニケーション担当でした。会議期間中にはアフリカ協力関連部の進行及び韓国政府との協力作業をしました。韓国政府は、ODAを受けた国から ODAを支援する国として世界で最初に成長した韓国がHLFの最後の会議であるHLF-4を開催することに対して国家的に大きい意味を持っていると述べています。韓国の李明博大統領もHLF-4の開会式でそのような韓国の立場を表明しました。私も韓国人としてそのような歴史的な会議に参加できたことについてはとても光栄なことだと思っています。

私にとってインターン期間の間多くのレポートや資料に接しながら開発問題に関してよりよく理解できるようになったことももちろん良い経験でした。加えて、他の長期インターンたちがデータや資料を深く調査して報告しながら自分が属したチームの人々とだけ主にコミュニケーションをすることとは違って、私の場合はHLF-4の準備という目的のためにチームの内部及び外部の多様な人々と長時間会議や議論をしながら準備をしなければならなかったので、短いインターン期間を通じてOECDという組職と人々に関する知識を得られたのが、私が得た最大の収獲ではないかと思います。

OECD内部の多様な人々との交流を通じてOECDという組職がどのような人々で構成されていて、どのようなリーダーシップと要因によってどういうふうに運営されているかを学ぶことができた一方、OECD外部の人々との交流を通じて国際社会でのOECDの役割、 影響、立場及び限界点などについて理解できましたので、普段関心深かった国際機関に関してさらに具体的な知識を持てるようになったという点で、私にとってOECDでのインターンの経験は非常に大事な経験だったと思います。

※HLF-4に関して詳しい内容はこちらを参照してください:http://www.aideffectiveness.org/busanhlf4/

 (写真上:OECDパリ本部のロビーでOECDの新しいLOGOの前で写真を撮らせていただきました)
 (写真下:韓国の釜山で行われたThe 4th High Level From on AidEffectivenessという国際会議を準備したOECDチームと韓国政府の方々皆で、会議が終わった後に記念写真を撮らせていただきました)

  win20120306e.jpg

  早稲田大学 OECD インターンシッププログラム参加者募集中(大学院生対象)
詳細はこちらをご覧ください>>

 

Top of page