Blog

カレンダー

<<  December 2011  >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

就職活動体験記

 20111202a.JPGのサムネール画像

Profile
氏名:鹿熊 健(かくま たけし)
早稲田大学在籍期間:2008年4月~ 
早稲田大学での所属:国際教養学部4年


私は、2009年夏から2010年初夏までの約10ヵ月間、アメリカに交換留学をしていました。留学中のことについては、当ブログに掲載されている「アメリカ留学体験記」(Friday, Jun 03, 2011投稿)で書いているので、ぜひそちらもご覧になっていただければと思います。ここでは、帰国後の就職活動について書かせていただきます。
 

【就活!】
2010年夏、一部企業が英語の社内公用語化を実施すると宣言し世間を騒がせていたが、留学を終えた私にとっては、これから始まる就職活動において追い風となるニュースに思えた。事実、秋から始まった企業説明会に参加してみると、どの企業も、内需が頭打ちの日本企業が今後生き残っていくにはどんどん海外に進出していくしかない。これからは「グローバル化」の時代であり、果敢に海外へ出ていくための「チャレンジ精神」や「タフさ」、異なる文化の多様性を認める「寛容さ」などが、今の学生には求められると語っていた。そしてもちろんスキルとしての「英語力」というのも大きなプラス評価となるようであった。ちなみに、私の英語は、一年間の留学を終えた時点でも、現地の人たちや帰国子女には遠く及ばないものだった。だが、TOEICなどの資格試験では、それなりに立派なスコアが取れていたのだ。そして、実際に2011年春に選考が始まると、やはり自分の経歴はそれなりに評価されるようで、失礼ながらなんとなく受けた企業、たいして準備をしていない企業でも、1次面接、2次面接はあっさりと通過していった。個別のリクルーター面談などの声もかかることもあったりして、私の就職活動は安泰かに思えた・・・。

【落とし穴】
だが、そのあとに大きな落とし穴が待っていた。選考が進むにつれて、自分の考えの甘さが見えてきた。選考では、自分の経歴、海外留学の経験や、ボランティア団体でのイベント運営の経験などを面接官は、ある程度評価してくれている。だが、私は、「その企業で何がしたいのか」、「仕事を通じて何をしたいのか」という、自分のキャリアにとってもっとも重要な問いに対しての答えを十分に用意が出来ていなかった。面接でもっとも熱意をもって語るべき内容を、私はいつも歯切れ悪く話すばかりだった。その結果、選考の初期段階は通過できても、最終面接、内々定には至らないという状況が続き、受験企業も気が付くと残りわずかとなっていった。

【自分と向き合う】
2010年10月に就職活動を開始して以来、OB・OG訪問や企業説明会などを通して企業や業界についての知識は蓄えていったが、私は肝心の自分自身についての分析を怠っていた。いわゆる自己分析というものもやってみたが、自分の弱い部分・嫌な部分ばかりが見えてきてしまいそうで、しっかりと取り組んだことはなかった。自分と向き合うことをずっと避けていたのだ。だから、面接で自分自身について、将来のキャリアについてなどを聞かれても、なんとなくもっともらしい、どこかで聞いたことのあるような言葉を言うばかりであった。私自身、自分が話していることを内心では「本当にそうだろうか?」と疑っているわけだから、当然その自信のなさが相手へと伝わる。それではやはりダメなんだということに、選考に落ち続け追い込まれてからようやく気付いた。
それからは、もう一度自分自身について考えてみた。今度は見栄を張ることをやめて、正直に行こうと思った。それまで私は、自分を捻じ曲げてまで相手に評価されやすそうな自分像を必死に作ろうとしていた。だが、それではうまくいかなかった。心にもないことを、熱意を持って語るのは難しかったのだ。今度の自己分析では、大学時代のサークル活動、留学、バイトなどだけにとどまらず、小・中学校の頃にもさかのぼって印象的な出来事を思い出したり、家庭環境や友人関係にも目を向けたりと幅広く取り組んだ。恥ずかしい失敗や、情けない出来事を思い出すのが嫌で過去を振り返るのを避けてきた私だが、いざ振り返ってみると嫌な思い出は意外なほど少なかった。それよりも楽しかった出来事や頑張った思い出がたくさん出てきた。なんだか「案外、おれ頑張ってきたじゃないか」と思えた。面接に落ち続けて落ち込んでいた私だが、もう一度ポジティブな気持ちになれた。それから、自分がこれまでどんなことをしてきて、どんなことを大切にしてきたか、そしてこれから何を成し遂げたいのか、ということをもう一度考えてみた。今度こそ熱意をもって、自分の思いを伝えようと心に決めた。

【ゴール!】
そして、7月13日(水)の夕方、ゼミの授業中に人事の方から内々定の連絡の電話をいただいた。廊下で思わず小さくガッツポーズをした。その後、すぐに家族や友人、OB訪問をさせていただいた先輩方などに報告し、皆からあたたかいお祝いのお言葉をいただいた。こうして、約10カ月におよんだながいながい就職活動をようやく終えることができた。
今回の就職活動は、震災の影響もあり、変則的なスケジュールで長期間にわたって活動しなければならなかった。だが、その分例年と比べてじっくりと腰を据えて考えることができたという点ではよかったと思っている。
最後に、就職活動がうまくいかない時期も変わらずに、接してくれた家族や友人、先輩方などには心から感謝している。来春から働く電機メーカーでは、インフラ関連の事業部を志望している。そこで、日本や世界の未来のために、そして、お世話になった人たちのために、すこしでも自分が貢献できればと思う。


【おわりに】
ここでは上手くいかなかった面ばかりを書いてしまいましたが、実際はさまざまな会社や業界を知れえて非常に面白かったですし、OB訪問に行って先輩にご飯を奢ってもらえるなど楽しいこともたくさんありました。また、将来についての悩みを友人と語り合ったのも今となっては良い思い出です。こうして自分を見つめなおす機会というのは就職活動を除いてそうはないと思うので、苦しいけれど一度は味わって損はなかったと思っています。・・・ただし、一度で十分!笑。

ご拝読いただきありがとうございました。

私の就職活動スケジュール
2010年10月 就職活動開始、企業説明会やOB訪問を始める。
2011年2月 企業へのエントリーが本格的に始める。
2011年3月 震災の影響で、選考スケジュールが大きく変わる。
2011年4~5月 一部の企業で選考が開始する。
2011年6月 大手企業の選考が一斉に開始する。
2011年7月 内々定

20111202b.jpgのサムネール画像


 

Top of page