Blog

カレンダー

<<  September 2011  >>
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--

Profile
氏名:佐藤 航平
所属学部:政治経済学部
専門分野 : 現代中国政治、外交
指導教授 : 唐亮 教授  
留学先:中国・復旦大学(ダブルディグリープログラム)
留学期間:2010年9月から2011年7月

1.中国との出会い
僕が中国の地に足を踏み入れたのは2002年の夏だった。
空港は日本ほど明るくなく、カーキー色の服を着ている人も少なからずいて、街には街灯が少なく夜はとても暗い。中国は暗い国という印象を受けた。それから、2007年に政府の日中交流事業高校生訪中団の一環として再び中国に行く機会をいただいた。中国国内の変化を目の当たりにした。街灯は増え、人々の服装も多様化した。わずか5年間でここまで大きく社会が変化することに強く驚いた。2002年から2007年の5年間で日中の両国関係においても数多くの出来事があった。アジアワールドカップでの反日運動や靖国神社参拝問題や東シナ海の問題など。わずか5年間における中国の変化や日中間の出来事を見ていくうちに、僕の中国を知り尽くしたいという好奇心に火をつけた。そしてその火は僕を中国留学にまで推し進めることとなった。

2.なぜ上海?
一国の首都の大学は誰が聞いても高貴な印象を抱く。しかし、僕が選んだのは首都の北京大学ではなく、上海の復旦大学。「復旦」と聞いて、上海と結び付けることができる人はどれくらいいるのだろうか?と自分でも考えることがある。なぜ上海を選んだの?と言われたら僕はこう答える。「上海は交通の利便性がいいから数多くの地域へ旅行できる。」確かにそれも、上海を選んだ理由の一つであるが、それ以上に大きな理由がある。
まず、上海は近代世界において非常に重要な意味を持つ歴史的舞台であること。上海では、列強諸国の租界跡地や中国共産党第一回会議の跡地など数多くの近代史の舞台を見ることができる。アジアの近代史に興味を持つ僕は、これらの跡地を実際に訪れて見てみたいと思った。
次に、中国のジャーナリズム。中国のメディアは政府の監視を受けているため、自由な発言をすることができない、と言われている。しかし、それがどのように監視を受けて、自由な発言が阻害されているかを説明できる人は多くない。だからこそ、自分が中国に行って中国のジャーナリズムがどのようなものであるかを実際に見てみたいと思った。
最後に、上海を拠点に中国をくまなく知り尽くしたいという好奇心である。日本のメディアから伺う中国観は悠長な歴史を持つ中国に畏敬の念を持ちつつも、経済発展を続ける中国に「脅威感」を抱いている。「巨大」な隣国とどう付き合うかは、まず理解することからはじめなければならない。そんな思いがあったがゆえに中国留学を決意することができた。

3.早稲田の代表、日本の代表
現地の友人や旅行中に知り合った中国の方々と話をすると、「君は○○(日本文化や政治問題)についてどう考えている?」と聞かれる。僕は、自分の発言が彼・彼女の早大生・日本人のイメージに直結すると思いながら答えている。中国から日本に行ける人はまだごく一部であるので、日本人と初めて話したと言われたことも少なくない。中国での早稲田大学の認知度は日本の人々が想像するよりも高い。実際、地方都市に行っても早稲田大学を知っている人はいる。清の時代から早稲田大学は中国からの留学生を受け入れてきた、中国の方々の「早稲田大学生は優秀である」というイメージは早稲田での学びを通して中国を発展させた先輩たちと早稲田大学が絶えず進めてきた国際化の歴史に裏打ちされている。だから、僕は自分の一言が彼ら・彼女らの早大生イメージに繋がるのだとある種の緊張感を持っていた。

4.中国を知る方法

中国を知る方法はつまり、中国国内の数多くの都市を訪れ、多くの人々と交流を持つことであると僕は考える。
黒竜江省の冬には-30度まで冷え込むが、上海は東京の冬と変わりがない。福建省では材料の持ち味を活かした料理を食べられるが、北京では脂っこく塩見の効いた料理を食べられる。地方ごとに方言が変わり、地方ごとに食べるものが変わり、地方ごとに文化が変わり、地方ごとに気候が変わる。国内旅行によって広大な中国大陸の中の変化を感じ取れることができる。それと同時に、近代に破壊された文化の跡地や工業化によって汚染された河川など、否定できない負の側面を見ることもできた。
また、中国と言う国を理解するためには中国の内側から見続けるのではなく、辺境や隣国に行くことでも中国を外から見ることができる。僕は、ロシア、北朝鮮、カザフスタン、モンゴルとの国境の町に行った。辺境の町は隣国との文化的差異がほとんど無いところもあれば、あたかも二つの文明圏として対立しているところもある。そこでは日本では味わうことのできない国境の緊張感や原住民の牧歌的な生活スタイルを味わうことができた。
旅行のみならず、復旦大学で知り合った友人は自分のふるさとのことや、中国社会や政治について多くのことを語り、僕の中国理解の手助けとなった。
僕は、人と土地を通して多くの角度から中国を知ることができた。この方法は中国以外の国に留学しても役に立つはずだと確信する。

僕は留学生活を通して様々なものと出会った。それは留学先で出会った友人、中国における原住民、食べたことの無い料理、経験したことのない極寒の気候。これらとの出会いは自分の中での知識や経験のひきだしを増やしたのみならず、自分とは異なるものと出会うときの姿勢など。数多くのことを学ぶことができた。

かつての日本は、東京帝国大学など優秀な大学の首席か軍隊のエリートしか留学できなかった。しかし、それは過去のことであって、今は自分の決意と周りの人のサポートで留学ができる時代である。孫文や魯迅など近代の中国の指導者や文化人の多くは学生時代中に、日本へ留学した。彼らは祖国の文化や社会と異なる日本で異なる文化や思想を吸収し、切磋琢磨し、成長してきた。学生時代に外国に長期間いることは新しい文化や価値観と出会い、自らの育った環境との差異に戸惑い、考えて、それらを自分の世界観の一部とすることで自分の将来や思考の幅を広げる大きなチャンスであると考える。留学を決意する小さな一歩が、人生の中でかけがえのない大きな一歩になると、僕は思う。

WiNメンバーへのメッセージ :
「多様性」と出会うということは、自分がこれまで見てこなかったモノと出会うことであると思います。WiNが多くの人に「多様性を持つ早稲田」を紹介し、早稲田で多くの人が多様性というテーマを考えるきっかけとなる場になることを望んでます。

 

win20110920A.jpg 
復旦大学で知り合った香港人の友人と学内でピクニック

 

win20110920B.jpg

新疆ウイグル自治区のウルムチにあるバザールにて
 

Top of page