Blog

カレンダー

<<  July 2011  >>
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~

 

win110802.jpg


共に頑張ったDDの仲間

Profile
氏名:天野 晟 (あまの すん)
所属学部:2008.4~法学部在籍中
留学先:北京大学(中国)ダブルディグリープログラム
 

中国で国際関係学が学びたい。
―国際関係学を学びたいなら欧米に行け。何度そう言われただろうか。一方、国際関係学が3・4つの大学でしか教えられていない中国。しかしだからこそ、どんな授業がされているのか気になった。かつては思想統制 も行われていた中国で世界情勢について事実が語られているのか?資本主義国はどんな存在として取り上げられるのか?日本にいては得られない中国の実態に興 味が湧いて、私は1年間中国に留学することを決意した。これは そんな私の体験記であり、皆さんの留学先決定に少しでも役に立てたら嬉しい限りである。
 
【ダブルディグリー課程というもの】
ダブルディグリー課程(以 下、DD)とは、1年間北京大学(以 下、北大)に留学して所定の科目を履修すると、早大卒業時に北 大の学位も授与されるという、なんともお得な!?プログラムで ある。DDのメリットはなんといっても、現地の中国人学生と全 く同じ授業(150分!)を受講し、全く同じ試験(2hで3500字程度の記述問題!!)を受けることにある。つまり、よりリアルな中国の大学生活が経験できるのである。それは同時にデ メリットにもなりうる。なぜなら、大学受験生1000万人の上 位3000人が在籍する北大において、生半可な勉強量では中国 人学生に太刀打ち出来ないからである。
語学もままならない私は発言を要求されても意見できないし、何より授業の内容理解が困難で最初は立ちはだかる壁に気が遠くなった。まず手 を貸してくれたのは教授や現地の学生である。授業時間外に留学生のための質問時間を設けてくれたり、ノートを貸してくれたり、中国人の面倒見の良さには心 から感謝した。それに加え、一緒に留学した早稲田の仲間は何よりの支えになった。テスト前に一緒に勉強したり励ましたり、ある時は外交戦略分析の授業であからさまな日本批 判の映像を見た後語り合ったりと、異国の辛い環境にあっても同じ価値観を有する人との交流はかけがえがないものであった。
 
【世界からの留学生が集まる北京大学】
北大には世界各国から優秀な学生が集まる。そのうち8割は韓国人学生が占め(ほとんどが本科生で中国語を母国語並みに話す)、私が過ごした留学生寮では韓国人やロシア人など様々な留学生と交流が出来た。自国の料理を披露してパーティを開い たり、ゲームしたり語り合ったのはいい思い出である。留学した1年 間で私は世界各国の文化について大分詳しくなったが、同時に人生で一番日本について勉強した年でもあった。どうして日本は総理大臣がよく変わるの?などと 聞かれ、思わず戸惑った。目の前にいる外国人に私はいわば日本の代表として見られている。この時、私は初めて日本人であることへの責任感、というものを実 感したのである。
 
【北京での早稲田の存在感】
北大生に早稲田生というと「早稲田生は日本 で一番頭が良い」「すごく有名な大学!」と褒められる。そう、 中国では早稲田は大変有名で留学先として非常に人気が高い。過大評価に恐縮しつつ、それでも褒められるのは気分がいい。
中国人からだけでなく、北京での早稲田OBOGの活躍とコミュニティーの大きさは現地の日本人にも定評がある。 留学生は北京稲門会に参加出来るのだが、ここで出会った先輩方は大変パワフルかつ優秀であり、中国で生き抜くコツをはじめ、沢山のことを学ばせて頂いた。 特に私は法曹に興味があったので稲門会繋がりで弁護士事務所にインターンさせてもらったり、現場の話を聞いて将来の相談をしたりと、貴重な体験が出来た。 早稲田生にとって北京は留学後に進路を決める手助けにもなる都市である。
 
【知って いるようで知らない中国という国】
「中国は今世界で最も注目されている国である。」
と言ったら、多かれ少なかれ皆同意するのではないだろうか?ノーベル平和賞、尖閣問題、6カ国協議、知的財産などなど、連日メディアに取り上げられ、話題に尽きない。中国に対するイメージが マイナスであれプラスであれ、誰もが隣国の中国という国についてある程度の知識を有している。しかし何をもって中国を「知っている」とするのか?中国の国 慶節パレードを見たことがあるだろうか?春節の賑わいを体感したことがあるだろうか?青海地震後の中国メディアの様子や全国の募金活動を知っているだろう か?日本が大好きで日本語がぺらぺらな北大学生がいることを知っているだろうか?
まだまだ閉鎖的な部分がある中国。何処を変え、何を変 えなくていいか、また、変えるためには何が必要で、これからの社 会を築き上げていくためには何をしなくてはならないかを、中国人学生と話し合ったことがある。
時代が変わり、外観が変わ り、中国という国は日々変貌を遂げている。巨大な人口と広い領土に無限の可能性を秘めた中国はまだまだ知らない一面を有している。
 
自分の目で見て体感出来る、それが留学の醍 醐味であるならば、私は是非とも知ったつもりである身近な国・中国に行って、まだまだ知らない部分を体験して欲しいと思う。なぜならその部分こそが、魅力 的な本当の中国の姿だと思うだからだ。
 
早稲田大学ほど、留学に力を入れ、きちんとサポートしてくれる大学はないだろう。その最高の環境にい るのならば、留学しないのは非常にもったいない。非日常的世界を、日常にするという経験はきっと強みになる。
一生大切な仲間を得るために、忘れられない体験をするために、死ぬほど勉強するために、目的はそれ ぞれである。どんなことだって実現出来る「留学」に、一歩踏み出してみてはどうだろうか?

win110801.jpg
北京大学にある未奈湖
Top of page