Blog

カレンダー

<<  June 2011  >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog

アメリカ留学体験記

Profile
氏名:鹿熊 健(かくま たけし)
早稲田大学在籍期間:2008年4月~ 
早稲田大学での所属:国際教養学部4年
留学先:ソノマ州立大学(アメリカ・カリフォルニア州)


 「一年間なんてほんとうにあっという間だから、精いっぱい楽しんできなよ!」。出発前に先輩からそう言われた。でもアメリカに着いた当初はこんなところで一年間も生活するなんて自分には無理だと思った。
 
 私が留学したソノマ州立大学は、カリフォルニア州のサンフランシスコから車で北へ一時間ほどの場所にある。ソノマはカリフォルニアワインの産地で、大学の周りにもブドウ畑が一面に広がっており、おしゃれなワイナリーが点在している。天気の良い日にドライブに行くととても気持ちがいい。カリフォルニアの良いところはなんといってもその気候だ。夏は暑いがカラッと乾燥していて、木陰に入れば涼しくとても心地が良い。澄み切った青空を見ると、暗い気持ちもすっきりと晴れてくる。本当に暮らすには良いところだと思う。ただし、本当に何もない。あるのは、見渡す限りの草原と青い空だけ。ちょっと買い物にスーパーに行くにも、歩きだと往復一時間以上かかった。週末遊びに行こうにも、居酒屋もなければカラオケもない。車なしでは何もできない。早稲田とはまったく違う生活だった。

 私は五人のアメリカ人と同じ寮に住んでいた。寮といっても二建ての一軒家みたいなもので、一階にキッチンとリビング、二人部屋が一つあり、二階に上がると一人部屋が二つ、二人部屋が一つあった。私はジョンと一緒に二階の二人部屋で暮らした。ハウスメイトはみんな明るくおおらかで良い人たちだった。ただし少々明るすぎて、毎晩三時くらいまで大音量で音楽をかけながら騒ぐので付き合うのに疲れることもあった。また、みんな音楽が大好きで暇なときはいつもギターやベースをいじっていた。自分は弾けないけれど、彼らが弾くのを聞くのはけっこう好きだった。でも隣の部屋のジェイムズがドラムセットを一式持ち込んで来て、それを朝っぱらから叩きまくるのには少し困っていた。また、彼らはおおらか過ぎる部分もあって、人が買ってきた食材を勝手に食べるし、使った食器は洗わない、ゴミは捨てないなど日本では大雑把といわれる自分が綺麗好きに思えてくる程だった。

 英語に関していうと、ほとんど会話は出来ない状態で留学に臨んだ。留学二日目の朝、”It’s hot today, isn’t it?” とジョンに話しかけられたが、何を言っているかまったく聞き取れず、結局三回言い直してもらっても理解できなかった。はじめのころはずっと相槌と笑顔でごまかしていた。何を言っているかわからなくてもとりあえず”Oh yeah” といっていた。でも、”What classes do you take this semester?” と聞かれたのに、“Oh yeah. Hahaha!!”と大きな声で答えて恥ずかしい思いをしたことがある。だんだんと英語を話すのが怖くなって、一時期部屋に引きこもって他の留学先の友達とSkypeで話してばかりだった。英語で話していると、自分の思っていることの半分も言えないで常にストレスを感じていた。  
    
 しかし、人は本当に環境に慣れるものだ。 二、三ヶ月もすると、だんだん慣れてきて英語が不思議とすらすらしゃべれるように・・・なるのではなく、英語がしゃべれないことに慣れてくる。話せないことに慣れてくるとなんだか肩の力が抜けて、無理に小難しいことを言おうとしなくなる。幼稚園児並の英語でいいからとにかく話してみようという気持ちになった。 だって、人生二十年間日本語一筋で生きてきた人がいきなり二十年間英語一筋で生きてきた人と同じように英語を話すなんて、最初から無理なのだから。できなくて当然。そんな簡単に上達するはずはない。あんまり気合いを入れすぎずに、コツコツやっていこう。そのように考えるようになってからはだいぶ気が楽になった。

 はじめは嫌いだったソノマでの田舎暮らしもだんだんと好きになっていった。東京と違って、時間がゆっくりと流れていくような気がして心地よかった。何もすることがないからこそ、自分でやることを見つけようという気になれた。読書をたくさんしたし、ルームメイトたちと毎日のように夜遅くまでバスケをした。ルームメイトに食材を食べられたら、その分自分も食べ返してやればいいと思えるようになっていた。留学して七、八カ月が過ぎたころになって、ルームメイトの言っていることを聞き返すことも、自分が聞き返されること少なくなった。寝ぼけていても自然と口から英語が出てくるようになっていた。でも、やっとスタートラインに立てたくらいだと留学を終えた今に思う。留学前は一年もあればペラペラになれると思っていたが、そんなことは無かった。これからも英語の勉強は続けていって、あと二、三年後にある程度形になればいいなと思っている。

 最後に、一年間留学を通して一番感じたのは、人の優しさだ。言葉も上手くしゃべれず、日本から遠く離れた右も左もわからない見知らぬ土地で知り合いもいない、そうした環境の中でいろいろな人に助けていただいた。私はなぜだかそれまでは人になるべく頼ってはいけない、何でも自分の力できるようにならなければといけないとばかり考えていた部分があったが、いまは頼れるときは頼ってもいいのだと思えるようになった。そして、感謝の気持ちをどんどん伝えていこうとも思うようになった。なにか助けてもらっても自分からは相手にできることは、ただ感謝することしかなかったのだ。これからもこの気持ちを持ち続けていたいと思う。

(鹿熊).JPGのサムネール画像

ニューヨークのホステルの屋上で
 

(鹿熊)クリスマス.JPG

クリスマスの日に友達の家でゲーム

 

 


 

Top of page