Blog

カレンダー

<<  May 2011  >>
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:May, 2011

C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!

 

win20110415d.jpg

ノートルダム寺院の前でバゲットをがぶりっ


Profile

氏名:飯塚真代
早稲田大学在籍期間:2007.4~
早稲田大学での所属:政治経済学部国際政治経済学科4年
留学先:パリ政治学院(2009〜2010)


大学三年の夏から一年間、フランスのパリ政治学院に留学した。高校時代にアメリカ留学を経験していたこともあり、「脱アメリカ中心な視点」を持ちたいと考え、次はヨーロッパに行きたいと考えていた。留学センターに通い詰め、資料の中から偶然見つけたのがパリ政治学院だった。パリ政治学院は、歴代のフランス大統領や大臣を多く輩出しており、グランゼコールと呼ばれる名門校の一つ。世界各国からの留学生が40%を占める国際的な環境で、政治・経済・法律・歴史などの専門的な内容の授業を英語とフランス語どちらでも受けられるという点を魅力に感じ、出願を決めた。

Ce n’est Pas Facile… (そんな簡単じゃない・・)
交換留学だったため、事前準備からすべて自分で行なった。出願前、もう少しこの学校について知りたいと思い、早稲田にあるパリ政治学院のオフィスにアポ無しで直接行って話を聞いた。自分より二年前に同じ学校に留学していた先輩を見つけて会ったり、早稲田に来ているフランス人の学生と出発前に友達になったりして具体的に何を準備できるか考えた。学校での授業に加え、語学学校に通ったり、フランス語の新聞やウェブサイトに触れたりして、難解な語学の勉強も続けた。
ビザも、日本のフランス大使館に行って直接申請する。住宅や銀行口座についての条件が改訂されており、大使館HPを見てもわからなかったので電話をした。すると「直接来て聞いてください」とのことだったので、広尾のフランス大使館に向かう。路地を迷いながら予定よりだいぶ時間がかかって到着すると、すでに外まで列ができており、その日は諦めた。二回目は、一時間待ってやっと質問をすることができた。一週間後、すべての書類をそろえ、今度は事務所が開く20分前から並び(それでも3着)なんとか申請を済ませた。準備期間を通じて、語学、アパート探し、ビザ申請など、どれも一筋縄では行かないのがフランスだということを何となく覚悟した。

Quelle Chance!(なんて幸運!)
現地でも、始めは語学の壁や、日本のように上手くいかない事務手続き、毎週のように襲いかかる課題の数々に悩まされた。
最初の関門は長期滞在に必要な許可証の取得。私の友人だけで三人も、郵送したはずの必要書類を事務所が紛失したせいで申請に何カ月もかかってしまった。私は幸い、書類は助かっていたが、移民局での面接の際は容赦なくフランス語が飛んできた。「私フランス語わかりません」という素振りを見せた時と、余裕な返答をした時では相手の対応がだいぶ違う。公共機関でもお店でも、結局は人と人とのコミュニケーション。日本のような「お客様第一」といった姿勢は感じられないことが多いが、相手と心を通わせることさえできれば良いサービスを受けることは可能である。滞在許可証、銀行口座開設、アパート契約、授業登録など様々な場面で失敗・成功を繰り返す中で、街でのちょっとした会話の中にすら温かみを感じ、楽しめるようになっていった。
授業も、噂通りの内容の濃さだった。ゼミ形式の授業は、生徒によるエクスポゼ(プレゼンテーション)と先生による講義、ディスカッションを中心として進む。フランス人学生も留学生もみんな勉強熱心で、常に質問や意見が飛び交う。毎週出される課題文献を読んでいかないと授業の内容は理解できないし、エクスポゼ前は何日間も図書館にこもって準備をする。英語で受けた社会政策や移民政策の授業は、期末にレポート課題がどっさりと出たし、フランス語での国際関係論では、4時間の耐久試験(実際に受けてみると、あっという間に終わってしまう)を二度も経験した。語学力もさることながら、専門的な内容を理解する力、ロジカルな考え方・表現方法など、どれも自分には欠けていると実感した。こういった危機感から、予習の段階で発言できるポイントを探したり、日本についての質問には答えられるように準備していったり、工夫を重ねるようになった。難しい局面に出会ったとき、落ち込むのではなく、「なんてラッキーなんだ(Quelle Chance!?)」と考え、何ができるかを自分で考えることが、生活でも学業でも大切だと実感した。

La Vie est Belle!(美しき人生)
大変なことも多いが、楽しみもたくさんある。勉強の合間に友達とお茶をしたり、週末はBBQをしたりセーヌ川のほとりでピクニックをしたり…。パリコレや全仏オープンのようなフランスならではといったイベントにも行くことができた。美術館の前で偶然出会ったジャーナリストの方と一緒に、展覧会のプレス用オープニングセレモニーに参加したこともあった。芸術の都パリだけあって、ルーブルやオルセーといった有名美術館の常設展に加え、様々なテーマの展示会を巡るのも大きな楽しみだった。勉強の合間に、ルノワールやムンク、イヴ・サン・ローランなどの展覧会にふらっと寄るのも良い。
冬休みや連休を利用して、フランス国内・西ヨーロッパ各国を回った。夏休みは、トルコ・シリア・ヨルダンといった中東各国の極貧旅行、ギリシャでのフランス人流のバカンス、アルジェリアでのインターンシップなど、通常は行かないであろうし、行けないところを中心にまわった。自分の足で歩き、実際に現地の人と関わることは、留学においても重要なことだと思う。まわりに助けられながらも、自分で考え行動したこの一年間の経験は、今後も私のエネルギーの源となり続けていくのだと思う。
 

win20110415e.jpg

ベルサイユ宮殿にて



 

東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

東日本大震災特集

今の自分ができること
—「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げるまで—

Prifile
氏名:西條 剛央(さいじょう たけお)
早大在籍期間:1995年4月—1999年3月、1999年4月—2001年3月、 2001年4月—2004年3月
早稲田大学在籍時の資格:人間科学部卒業、早稲田大学大学院人間科学研究科健
康科学専攻修士課程修了、人間科学研究科健康科学専攻博士課程修了
早稲田大学在籍時の指導教授:根ケ山 光一教授
現在の職業:早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程(MBA)の専任講師、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」代表
早稲田大学在籍時の専門分野:心理学や哲学(構造構成主義)

 
実家が主被災地である仙台市で、兄が消防局の災害予防に携わっていて、科学哲学、心理学を専門としている身だからできることはあるはず。自分にできることはすべてすると決めました。

日本は必ずこれを乗り越えてより成熟した社会になる。世界でも一段飛び抜けた国になれるはずだ。
この凄惨な経験を肯定することは決してできないけども、近い将来に、そうした犠牲があったからこそ僕らはこういう社会になれた、と思うことはできる。
それが僕らが目指すべき未来なのだ。
 okujo.jpgのサムネール画像


2011年三月末、仙台の実家に向かった。夜中11時に到着。翌日南三陸町志津川の避難所に到着。文字通り壊滅しており言葉を失った。

omocha.jpgのサムネール画像

 南三陸町では僕らが思っていたように、メジャーな避難所には物が溢れているが、孤立している避難所はまだまだあり、そこにはまったく物が行き渡っていなかった。用意したものの多くは初めて手に入りましたと、とても喜ばれた。サンタクロース作戦と思って、子どもが喜びそうなオモチャや雑貨を350点ほど用意していった。子ども達がほんとうに嬉しそうにはしゃいでいる姿をみて、すべての疲れがふっとんだ。
 
 避難所を回ってわかったことは、情報はネット上にはないということ。そしてアナログで動き、人と繋がることの重要性。現場の声を聞くことでしか情報は得られない。しかしアナログだけではできることが限られる。デジタルだけでは届かない。アナログの行動力とデジタルの両方がタイアップすることが有効だということを強く感じた。
 また、組織は階層が増えるほど機能低下する。災害時は時間が命である。必要なのは、現実的なシステムである。津波主被災地のマイナー避難所を個別に支援する方法を考えた。ポイントは行政を介さず、人と人が繋がること。実家に支援物資を送るのと同じだという考え方だと言えばわかりやすい。
 必要なものが、必要としている人に必要な分だけ届く。南三陸町での行動がモデルケースになり、「ふんばろう東日本プロジェクト」がスタートした。

 人にはそれぞれ役割がある。「正しさ」という言葉で何かを語り始めると、それに当てはまらない人を否定することになる。さまざまな事情や背景で、人に迷惑をかけなければ基本的にどのような生き方をしてもよいという原理を共有した上で、自分はどうするのかをそれぞれが考え、行動することが重要なのだと思う。
* 

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」立ち上げの趣旨
 津波主被災地の惨状はテレビで報道されているものより遥かに悲惨です。僕の伯父さんも震災から一ヶ月過ぎた先日発見されました。東京では哀しみは過ぎ去ったかのように思われていますが、現地ではどこかにいる愛する人を何万、何十万人ものひとがいまだ探して歩いています。
 物は大きな避難所には山積みにされていますが、小さな避難所や個人避難宅には十分な物資は届いていません。また生活の質をあげる物資も足りていない状況です。避難所のストレスはピークに達していま す。そうした状況を打開するために、現在「ふんばろう東日本支援プロジェクト」というのを立ち上げました。「ふんばろう東日本プロジェクト」 fumbaro.orgとは行政を介さずに、必要な物を必要な分必要な所へ無料で届ける支援システムです。
 ぜひ、みなさまにもこの試みを広く知っていただき、多くの人にご協力をお願いできたらと思っております。支援に応える用意のある企業と行政を、津波主被害地の避難所のニーズにあわせてマッチングして、直接支援するということが必要になってきます。ぜひお力添えをお願いいたします。

 
参考URL
・ふんばろう東日本プロジェクト  http://fumbaro.org/
・西條剛央Twitter  http://twitter.com/saijotakeo/
・南三陸町レポート  http://getnews.jp/archives/108425

WASEDA ONLINE 東日本大震災特集:オピニオン 

今こそボランティアに立ち上がりましょう

被災地支援のコツ

哀しみを超えて

4月4日 西條剛央・岩上安身対談インタビューUst(南三陸町の動画あり)

4月13日 GACKT×川崎麻世×西條鼎談(ていだん)(現地での支援の課題と「ふんばろう東日本支援プロジェクト」)

4月16日 陸前高田フォーラム、1時間02分〜10分程度(「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の概要と構想)

 

Top of page