Blog

カレンダー

  June 2010  >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

カテゴリー

  1. Career
    1. わたしのあなた
    2. アメリカ大使館でのインターンシップ
    3. 高田早苗記念研究図書館と私の研究内容
    4. 敗戦から67年
    5. 日本でキャリアを積む~日本人に負けない語学力と文化的知識を~
    6. 人生設計とは?~司法試験から画家になるまで~
    7. 就職活動体験談~第一志望の企業の内定をもらうことは夢ではない~
    8. 就職活動体験談~自己分析とは、「自分を創る事」~
    9. 世界のトップ人材のレベルははるかに高い。だからこそ世界と闘っていくためには、野心と向上心をもとう。
    10. 今の日本人パスポートは天から降ってきたわけじゃない。未来の日本人へのリスペクトを賭けて戦え
    11. OECDインターンシップ 体験レポート
    12. 早稲田に落ち着く私
    13. 自分に嘘をつかず、ワクワクできることに果敢に挑戦する
    14. 就職活動体験記
    15. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    16. 早稲田での経験を生かして
    17. 早稲田との縁は永遠に続く
    18. デンマークからのレポート
    19. WiNメンバーからの近況報告
    20. 早稲田の思い出
    21. 早稲田での経験
    22. 早稲田大学での日々
    23. 高麗大学で教職に
  1. Event Reports
    1. カフォスカリ短編映画祭
    2. C21 Tokyo Challenge
    3. ベトナムサンドイッチ・バインミーと"マイロ"はいかがですか?
    4. グローバル人材育成フォーラムを振り返って
    5. アメリカ大使館のスチューデント・ビザ・デイ
    6. 香港杯を受賞して
    7. アメリカ大使館のStudents' Dayに参加して
    8. 開催報告 ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2013 2013年8月2日(金)~8月8日(木)日中韓越の学生が韓国にて環境に関するフィールドスタディ実施!
    9. ASIAN STUDENTS ENVIRONMENT PLATFORM 2012 日中韓三カ国の学生による環境に関するフィールドスタディ
    10. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ②遊び
    11. Universitas21 Undergraduate Research Conference 2012 の感想 ①ハードワーク
    12. 第七回外国人日本舞踊大会:早稲田大学の学生出演者アンケートインタービュー
    13. [イベント] 開催報告 Universitas 21 Undergraduate Research Conference 2012
  1. Gourmet
    1. 早大生にとってラーメンとは何か
  1. Others
    1. 「東南アジア青年の船」事業での経験
    2. Facebook WiNオフィシャルファンページがスタートしました
    3. WiNブログがスタートします
  1. Sports
    1. 早稲田大学で陸上を通して学んだこと
    2. 2011ノルディックスキー世界選手権に出場して
    3. 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)に参加して
    4. 'BUKATSU'早稲田大学米式蹴球部BIG BEARSの思い出
  1. Study Abroad
    1. インド・モプンチュケット村における移動耕作と持続的発展の可能性
    2. Building the TOMODACHI Generation Programに参加して
    3. Kakehashi Project に参加して
    4. 北京大学ダブルディグリー・プログラムに参加して
    5. カナダでのスノーシュー・キャンプ
    6. アメリカ留学生が早稲田で30年ぶりに再会
    7. 二段階留学の勧め
    8. オーストラリア ブリスベン ただ今留学中!
    9. ひと味違った留学
    10. ゴア大学チョウグルカレッジ短期留学プログラム14日間 ~ 「わたしは何を出来るのか?彼らは何を出来るのか?あなたは何を出来ますか?」
    11. 津軽の海からアフリカ最高峰キリマンジャロへ
    12. ピアノライン~シアトル留学記~
    13. フィンランドで、アーティストとして、研究者として
    14. 中国を知る --上海・復旦大学留学を通して--
    15. なぜ、留学した奴は一味違うのか? ~純ジャパ国教生が明かす、留学事情~
    16. あなたの知らない隣国、中国 ~北京大学で出会ったもの~
    17. アメリカ留学体験記
    18. C'est la vie! これが人生!パリジェンヌもラクじゃない!
    19. 台湾留学記
    20. 北京留学記
  1. Study in Japan
    1. 総理大臣公邸を訪問して
    2. IPSサマー・スクール2016:異文化とのふれあい
    3. サマーセッションで得たもの
    4. 木島平村での"農村体験プログラム"
    5. 早稲田サマーセッション 2015
    6. もうひとつの国際部の物語
    7. 写真の中の、40年間の思い出
    8. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」
    9. 過去を楽しみに
    10. 田んぼで草取り~新潟へのフィールドトリップ~
    11. Japan Study アメリカの大学からの学生:参加者からのメッセージ (1983-84)
    12. 早稲田大学への交換留学プログラム体験
    13. 医療・福祉ロボットの開発 ~人間科学学術院・可部研究室の試み~
    14. 黒田一雄教授インタービュー: 日本留学について
  1. Volunteer Activity
    1. わたしたちにできるボランティアの第一歩
    2. 「名取市の被災地でのボランティア体験」
    3. 「東日本大震災復興支援ボランティアに参加して」
    4. ボランティア活動を通して垣間見た世界観
    5. 被災地ボランティア
    6. 東日本大震災特集 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」

アーカイブ

2017
03 02
2016
12 11 10 09 08 06 04 02
2015
12 11 10 09 07 06 04 02 01
2014
12 11 10 08 07 05 01
2013
12 10 08 06 05 04
2012
12 10 09 07 05 03 02 01
2011
12 11 10 09 07 06 05 04 03 02 01
2010
12 11 10 09 08 07 06
RSS

Blog:Jun, 2010

早稲田大学での日々

プロフィール

氏名 : アンソニー キャノン ウォーカー
国籍 : アメリカ合衆国
早大在籍期間 : 2001年~2002年
早大在籍時の所属 : 別科国際部
現在の居住地 : ニューヨーク

20100618b.jpg


 私は2001年から1年間、早稲田大学の国際部プログラムで学びました。高校時代に1年間の交換プログラムを終えて、州立サンフランシスコ大学で日本語を専攻していました。東京に来る前のことですが、私は自分の語学力に相当な自信を持っていました。たぶん自信過剰でした。

 サンフランシスコにいた頃のことを振り返ってみると、日本語の読み書きについての勉強は、あえてやらないと決めていました。当時の私には日本語の読み書きは大変難しく思えましたし、たぶんあまり必要ではないと思ったのです。私は、「できる限り完璧に話すことを目指し、そして将来いつかは正確に読み書きもできればよい」程度に考えていたのです。驚きが私を待ち受けていました。

 早稲田に来てすぐ、日本語のテストを受け、最上級レベルのクラスに入りました。恐怖のJ-13です。はじめは、テスト結果がうれしく、自分でもよくできたと思ったのですが、クラスの授業を受けていくにつれて、だんだん自分はついていけるのだろうかと考え始めました。このレベルのカリキュラムの大半は、私がやらなかった、まさに、日本語読み書き能力の向上を目指したものだったのです。私はひそかに、自分が何か言語のブートキャンプにいるかのように思いながら1年の大半を過ごしました。私より下のレベルの日本語クラスにいる友人たちがクラブ活動に明け暮れ、多くの新しい友だちを作っている間に、私は多くの時間を割いて課題と奮闘していました。

 しかし、そんなふうに過ごしていくうちに、徐々にいろいろなことがわかるようになってきました。日本人の大人が普通に読む小説を読み、クラスで意見交換をしたり、日本の新聞を大まかに読んだり、最近の出来事について短いレポートを書いたり、これらのことが難しいことではなくなりました。そして、私には、クラスを受ける以前からの十分な語彙力は持ち合わせていたので、「あぁ、だからこう書くのか!」と納得することが毎日のようになりました。漢字は、その成り立ちや背景などを学ぶにつれて、フラッシュカードをパラパラと使って学習したときよりも、もっと頭にはっきりと焼きつくようになりました。今、思い出すと、よい機会にめぐりあえたという感謝の気持ちでいっぱいです。私は、まさにいるべき場所にいたのですから。

 アメリカに帰国後、2003年に州立サンフランシスコ大学を卒業し、私は日本で生活しようと決心しました。多くの人のように、フルタイムの英語教師の仕事を始めましたが、結局、その仕事にも飽きて、別の熱中できるものを追及することにしました。それがアートです。幸運にも、日本の文部科学省の奨学金を得て、東京藝術大学の修士課程に進学しました。これまでもやってきたアートを、正式に大学で学ぶという貴重な機会を得ました。同じ趣味や考えを持つ人たちとの交流も増え、日本に住んで、日本語の学習も続ける―私のめざしたことが一度に与えられました。

 修士課程を修了後は、仕事をして日本に住み続けようと考えました。私はアートを学び、学位も修得したので、芸術関係で仕事を探すことにしました。

 大変幸運なことに、東京のコンテンポラリー・アートギャラリーで、インターナショナルディレクターの仕事につくことができました。ここでは、ギャラリーをいかに運営するかを学び、また、世界中の若手アーティストやコレクターが集う国際的なアートフェアにも参加できました。このことは、同時に私に、アート市場の機能についての展望や、大きな流れの中で、これからの自分のめざすべき方向を教えてくれました。

 アート関連ビジネスに深く関われば関わるほど、いっそう自分の作品を作り続けたいと願うようになり、2年間でこの仕事を終えました。7年間日本に滞在しましたが(高校時代と早稲田時代を入れると9年です)、米国に帰って自分のアーティストとしてのキャリアを築こうと決心しました。

 これまでの私のやってきたこと、できたことはすべて、早稲田で過ごした日々のおかげです。早稲田での日々は、決して忘れられない人生のターニングポイントで、想像もつかなかったような一生涯の目的にむけて、私の背中を押してくれました。私は先生方やクラスメイトから学んだことにいつまでも感謝しています。早稲田と日本での日々は、現在の私の土台の一部であり今後の自分の成長の一部でもありつづけます。

アンソニー キャノン ウォーカーさんのウェブはこちらです。

早大生にとってラーメンとは何か

プロフィール

氏名 :  シャッキー・ネイソン
国籍 : アメリカ合衆国
早大在籍期間 : 2008年9月~
早大在籍時の所属 : 文学研究科ダブルディグリー・プログラム
早大在籍時の専門 : 日本近代文学
早大での指導教官 : 十重田裕一教授
現在の居住地 : 東京
現在の所属・資格 : 早稲田大学文学研究科 外国人研究員
WiNメンバーにひとこと :おいしいラーメン屋が知っているなら私に教えてください!
 

20111025e.jpg


「メルシーが知らないって?メルシーへ行ってないと早稲田が知ってい るなんては言えないよ、早く行っておいて」とある日に早稲田卒業生の友達に言われた。その時、私は早稲田に到着したばかりの留学修士生で、太平洋横断便か らの時差ボケでさえまだ治ってはいなかった。このフランス語っぽい言葉と私の登校している日本の大学は一体何の関係を持っていたのだろう? 数日後、例の 「メルシー」へ足を運んで、早大生にとって入学式と卒論製本と並ぶほど重要な儀式を執り行った。というのは、ラーメンを食べた。老舗で近所の名物である 「メルシー」を始めとして、早稲田の周辺は恐ろしいほどラーメン屋さんで溢れていて、そして高田馬場はもはや全国でラーメンの「激戦区」として知られてい る。西北の風が吹くと豚骨とネギの匂いをかぐ。

近代日本文学を勉強しにきていたのですが、もう一つの秘密的研究の対象はラーメン だった。アメリカで育ちながら、お母さんが即席ラーメンとカップ・ヌードルをよく作ってくれて、十年前に初めて来日した時に本格的なラーメンを食べてから すぐに私の大好物となった。今回来た前、過去に研究生として早稲田で滞在した友達が早稲田通り沿いの数えきれないラーメン屋を全て食べてみる計画の話を聞 き、自分も最も多い早稲田と馬場辺りの全ラーメン店を挑戦しようと決めた。ゼミの後、ゼミの前、図書館での勉強の休憩として、少しでも間が開いていたらす ぐにラーメンを食べに走ってしまい、なんと百ボウル以上も食べ超えた。埃っぽい大正期の文芸雑誌はもう読めなくなって倒れそうな状態から温かいスープに よって何回も甦られ、発表終了のご褒美としても食べた。最初は「ラーメンばかり食べるのをやめて、ちゃんと勉強しなさい」と先生に言われるのを恐れたけ ど、私の「秘密」的趣味がもはやバレて、指導教官も私の書いているラーメンブログを読むようになっていたらしくて、たまには新しい店も教えてくれた。

そういう風に、まだ食べていない 店を隈無く探しながら早稲田と高田馬場という街を知るようになり、日本一のラーメンタウンで成熟する早大生の生活を自分でも体験が出来た。腹が減りながら 長く行列してから「べんてん」のつけ麺で満腹にする。寒い冬の夜に「稲穂」の熱々タンメンと優しい店長の持て成しで心を暖める。そしていくつかの世代の早大生に愛され続けている「メルシー」の濃い醤油ラーメンを楽しむ。代わりつつある大都会の中で、早稲田のほぼ全学生の共通すべき経験をしていかに嬉しく思 う。

しかし、毎年の入学式と卒業式で街の人と顔は代わる代わるが、実はラーメン屋もそうだ。早稲田に来てから何店の店が閉めて、また数のより多く店が開いてきた。高田馬場のラーメン屋が浜の真砂ほど、いや、中央図書館の書物ほど多くて、その種類も同様。名誉教授の講義と同じように、昭和時代から変わってい ない店はあるが、実験的なスープと豪華なトッピングを以てラーメン界で革命を起こそうとしている店もある。それに、地方から勉強に来る書生と同じく、早稲田のラーメン界にも札幌、大分、徳島、博多などからの「転校生」でさえ少なくならず。
自分でラーメン屋さんを開きたいのかと人によく質問されるが、私にはどうも食べる側を楽しむのが充分だと思う。でももし早稲田に開店するとしたら、「坪内醤油」と名付けるのではないかと考えている。味がきっと濃くておいしい。早稲田大学から卒業はしたけれど、早稲田ラーメンからは一生も卒業はしたくないと思う。

20111025d.jpg

http://waseda-ramen.blogspot.com/

高麗大学で教職に

20111025b.jpg

プロフィール
氏名:フローゼ ファビアン
国籍:ドイツ(母は韓国人)
在籍期間:2004年4月-2007年8月
早大在籍時の所属:大学院アジア太平洋研究科
早大在籍時の専門:社会学
早大在籍時の指導教官:園田茂人教授
現在の居住地:韓国 ソウル市
現在の所属・資格:高麗大学 専任講師

現職
高麗大学 専任講師(国際ビジネス担当)


主な担当業務
主な仕事は、教育と研究です。学期中は、2つの授業を担当しています。
普段は月曜と水曜の午前9時から11時45分ですので、私の週末は水曜の昼食から始まるわけです。
これには驚かれるでしょうが、授業を持つ以外にもすべきことはたくさんあります。
もうひとつ大切な仕事は、研究活動です。つまり、データを収集、分析し論文を書くのです。もちろん、学生との面談や教授
会への出席なども加わりますが、私の職業の利点は、自由に行動でき、大変柔軟なスケジュールが組めることです。


現職につくまで
高麗大学、延世大学、そして国立ソウル大学のような、主要な韓国の大学は、たいがいアメリカの大学の求人や昇進システ
ムをまねています。仕事探しには、Phdの学位および国際的に評判の高い学術雑誌における論文発表が大変重要です。
幸運にも、私は早稲田大学博士課程在籍中に2本の論文を発表することができました。韓国で開かれた学会で論文を発
表した後で、韓国人の教授と話す機会がありました。私の博士論文がまもなく完成しそうだと話すと、その教授から韓国の
大学での仕事に興味はあるかと聞かれました。面接試験やセミナーをいくつか受け、10カ月後の2007年9月から高麗大
学の専任講師としての私の新しい仕事が始まったのです。

早稲田大学の最も印象的な思い出
私が大変鮮やかに思い出すのは、新学期が始まる4月、高田馬場あたりの新入生の集団のことです。私は2004年4月に
来日し、世田谷区祖師谷にある文部科学省の寮に住んでいました。毎晩、早稲田から高田馬場駅まで歩き、ときどきその
周辺で夕食をとりました。
でも、居酒屋での経験は、想像以上でした。飲んでは歌い、叫んでは踊る新入生たち。私が始めて覚えた日本語のひとつが
「ピッチャー、飲んで、飲んで」なのは、無理もありません。


早稲田での印象的な経験
早稲田での日々には、良い思い出がたくさんあります。国際的な雰囲気、とりわけアジア太平洋研究科と日本語教育研究
センターの雰囲気には感激しました。例えば、日本語のクラスには、12の異なる国から来た13人の学生がいました。
唯一、同じ国籍の学生がいたのはカンボジアだけです。授業中も授業のあとも、私たちは楽しいときを共有し、お互いから
多くを学びました。アジア太平洋研究科では、ゼミの雰囲気がとても好きでした。授業期間中はゼミの仲間と月に何度も
顔を合わせ、休みになるとみんなでゼミ旅行に行ったものです。


WiNメンバーへのメッセージ

インターナショナル・ネットワークの発足に賛成です。
かつての私のクラスメイトたちもWiNのメンバーになってくれて、彼らと連絡をとりたいですね。
もし韓国に住むことになったり、いらした時には、どうぞお気軽にご連絡ください。

20111025c.jpg

WiNブログがスタートします

皆様、こんにちは。

今日、早稲田大学インターナショナルネットワーク(WiN)のブログがスタートしました。
世界中で活躍されている皆さまの近況や、早稲田大学のホットな情報を随時お届けしてまいります。
少しでも皆さまのお役に立てるようがんばってまいります。
定期的に更新してまいりますので、お気軽にアクセスしてみてくださいね。

20111025a.jpg
Top of page