早稲田大学 VISA STATUS | Waseda University
Waseda UniversityCenter for International Education
  VISA STATUS Home Contact VISA STATUS English version
 
 
アルバイトをする場合
在留期間の更新について
在留期間の変更について
科目等履修生・研究生の方へ
休学・退学をする場合
復学・再入学をする場合
留学をする場合
インターンシップをする場合
夏休みなどに一時出国をする場合
 

「留学」の在留資格は日本で勉強をするためのものです。したがって、アルバイトをする場合は入国管理局に資格外活動許可の申請をしなければなりません。

 

【申請方法】

以下の4点を持って、入国管理局へ申請に行ってください。
審査には2週間~2か月かかります。

 

【制限時間について】

資格外活動(アルバイト)は週28時間以内と法律で決まっています。
(夏季・冬季・春季休暇中は1日8時間以内、週40時間以内)
制限時間を越えてアルバイトをした場合は、強制送還・罰金・懲役などの処分を受けますので絶対にしないでください。

※風俗営業や風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁じられています。スナック、ナイトクラブ、客の接待をして飲食させるバー・喫茶店などでは皿洗いや掃除をすることも禁止されていますので絶対にしないでください。

 

【早稲田大学内でアルバイトをする場合】

「留学」の在留資格を持っている正規生が早稲田大学でティーチング・アシスタント(TA)およびリサーチ・アシスタント(RA)をする場合、資格外活動許可は必要ありません。ただし、早稲田大学でのTA、RAまたは、TAとRAを兼務している学生が勤務できる時間は週20時間未満です。

非正規生(交換留学生を含む)は原則TA/RAとして勤務できませんが、事情により雇用されることになった場合には、資格外活動許可が必要となります。
正規生でも学内でTA・RA以外の業務を行う場合は、資格外活動許可の申請が必要となります。

 
  top of VISA STATUS
  VISA STATUS Copyright(C) Waseda University All Rights Reserved