CIE ホーム>早稲田から海外への留学>What's New>【学生留学アドバイザー】日米教育委員会主催・国際教育交流プログラムランチレポート(2015.06.1...

What's New

Back to List

What's New : 早稲田から海外への留学

15/06/24

【学生留学アドバイザー】日米教育委員会主催・国際教育交流プログラムランチレポート(2015.06.17)

こんにちは、留学アドバイザー所属、法学部5年岡部聡美です。
梅雨らしくじめじめした天気が続いていますね。

去る6月17日(水)、日米教育委員会(フルブライト)主催・国際教育交流プログラムの一貫として、米国10大学のシニアアドミニストレーターの方々が早稲田にいらっしゃいました。

そして今回は、留学アドバイザーより代表して3名が、参加者の方々とのランチに参加させていただきました。当日はどしゃぶりの天候でしたが、学内レストラン「楠亭」にて他の留学派遣候補者の学生と共に、アメリカへの留学話に花を咲かせました。

以下は、ランチに参加したアドバイザー3名の感想です!

政治経済学部 政治学科5年 辻健司 留学先:アメリカ ワシントン大学
今回お話ししたフルブライトの方は、フルブライトが提供する日本留学プログラムへの参加が決まってから日本語の勉強を始められたのだそうです。「日本語は英語と似ていないため「難しい」かも知れないが、違う言語を学ぶことは楽しく、苦に感じない」とのことでした。短い食事の間でも、覚えた日本語を少しでも多く使おうとする姿勢に感銘を受け、自身の是非とも見習いたいと思いました。これから留学する学生も恐れず果敢に色々なことに挑戦すれば、実りある留学生活に出来るでしょう。

国際教養学部4年 小林夏美 留学先:アメリカ ルイス・アンド・クラークカレッジ
テネシー州、フロリダ州から来られた方々とお話しました。お二人とも初めての日本訪問でいろんな観光名所を訪れたそうですが、総じて日本を気に入ってくれていると知り嬉しかったです。私自身オレゴンへ留学していた経験から、アメリカと日本の文化の違いの話では分かり合える部分が多くあり、話も盛り上がりました。日本に帰ってきて一年が経ち、せっかく気に入ったアメリカ文化と離れ、前よりも一段と視野が狭まっていた自分に気づくことができ、世界的な視野を思い出す貴重な経験となりました。

法学部5年 岡部聡美 留学先:ポートランド州立大学
まず、左隣のカリフォルニア州から来られた方とお話ししました。私の留学先の町もご存じで、あそこのドーナツ屋が今度日本に進出するんですよ!など、共通の話題で盛り上がることができて楽しかったです。まさに、日本とアメリカがつながる瞬間を味わうことが出来ました。留学先のことも色々思い出して、懐かしくなりました。
また、右隣のフロリダ州から来られた方とお話しした時に印象的だったのは、「どこか異国で暮らしてみる、ということは何歳になってもlife-changingな(人生が変わるほど影響力がある)経験だ」と仰っていたことです。彼女がフルブライトのプログラムを選んだ理由は、本当に優秀な人たちと関われるチャンスであるし、フルブライトが留学や異文化交流の良さを積極的にアピールしているからだそうです。「あなたも、異国に住むということがどれだけ自分を変えてくれるか、もう知っているでしょう?」と尋ねられ、迷うことなく、はい、と答えました。私自身も、何歳になっても学び続けていきたいと思いました。本当に貴重な経験でした。

同日に出席されていた、留学派遣候補者の皆さんも会話を楽しんでいる様子でした。楠亭の料理に舌鼓を打ちながら、和気あいあいとした雰囲気で会は終了しました。その後、参加者の方々は浅草観光など、都内の観光名所を回られたそうです。せっかく日本を選んでくださったのですから、最後まで滞在を楽しんでいただければいいなと願わずにはいられません。

アメリカに留学していたアドバイザーの私たちにとって、本当に楽しい時間でした。貴重な機会を下さった、留学センター職員の方々に改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

法学部5年 岡部聡美



TOP OF PAEG